ゴルフ初心者必見!スコアカードの正しい書き方とは?

ゴルフのラウンドでは審判がおらず、スコアも自己申告制です。

そのため、自分のスコアはしっかりと把握しておかなければなりませんし、一緒の組で回る同伴プレーヤーのスコアもスコアカードに書いておかなければなりません。

コンペや試合などでスコアカードを提出するときは、スコアカードの書き方が決まっていますし、スコアカードの書き方次第でゴルフの上達もできてしまいます。

今回は、ゴルフのラウンド時のスコアカードの書き方についてご紹介します。

自分だけのスコアを書く場合!

スコアカードには、その日ゴルフをどのようにプレーしたかを書き込みましょう。

自分のスコアはもちろんの事、隣の小さい枠にパター数もメモしておきましょう。

スコアを書く二段目には、ティショットでフェアウェイをキープできたか。

  • できたら〇印
  • できなかったら左右のどちら曲がったかを矢印

で書き込みます。

パーオンした場合は、スコアにを付けると18ホールのパーオン数がわかります。

また、OBや池に入れてしまった時は、×印をしておくと分かりやすいですよ。

アウトイン、そして最後にスコアをまとめる時にも、横にパター数をしっかりと記入しておきましょう。

パター数は3パット以上したら、△印でパター数を囲むとミスがわかりやすいですよ。

  • スコアカードの上段にはプレーした日付
  • 一緒に回ったメンバー

を書いておくと、その日を明確に思い出すことができて、後で見直した時に便利です。

書くタイミングは、

  • ショットを打ち終わった後
  • ホールアウトした後

に、スコアカードに書き込みましょう。

ただ、スロープレーは禁物なため、時間に余裕がある時にしてくださいね。

コンペなどのみんなのスコアを書く場合!

コンペなどでスコアを提出する場合には、先ほどのスコアカードとは別に一緒にラウンドしている全員のスコアを書いておくスコアカードも用意しておきましょう。

その場合は、自分のスコアを一番上に、その後は年功序列で名前を書いていきます。

もし、大きいコンペなどで初対面の場合は、キャディバックが積んである順に書くと分かりやすく名前も覚えやすいので、便利です。

後は、名前を書いた欄にその人の各ホールのスコアを書いていきましょう。

パター数までは、書く必要はありません。

ゴルフ初心者の方だと、自分のスコアを数えることに必死で、他人のスコアまで気にしている余裕はないですよね。

その場合は、ホールアウトした後の次のホールに向かうまでにスコアを聞いておきましょう。

ただ、ミスなどをしてイライラしている場合もあるので、聞くタイミングはしっかりと見計らってくださいね。

自分のスコアもホールアウトしてカートに乗った時に伝えると、その場でスコアカードに書き込むことが出来きます。

スコアカードを提出する場合!

試合やコンペなどで、皆さんが書いたスコアカードを提出する場合があります。

専用のスコアカードがある場合もありますが、まずはゴルフ場のスコアカードにメモしておいて、ラウンド終了後に綺麗に清書しましょう。

その組のスコアを全員分書く場合は、責任を持って各自のスコアの確認をしてくださいね。

ゴルフの試合などでは、自分のスコアだけを書いて提出します。

その時に気を付けなければならない事は、名前の書き忘れです。

  • 皆さんのスコアをチェックするマーカーのサイン
  • プレーヤーである皆さんのサイン

が必要です。

サインを忘れてしまうと、せっかくラウンドしてきたのに失格になってしまう場合があるので、必ず忘れないでくださいね。

まとめ

今回は、スコアカードの書き方についてご紹介しました。

正しいスコアを書くことはゴルファーとしてのマナーで、間違っても違うスコアを申告してはなりません。

本来より少ないスコアを申告してしまうと、失格になってしまうので気を付けてくださいね。

自分用のスコアは暇なときに見直して、自分がどういったミスをしやすいか、今後のゴルフにつなげていきましょう。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。