ここ一番で飛ばせ!ドライバーの飛距離アップ法とは?

ドライバーショットで飛ばすことは、ゴルフの醍醐味の一つです。

ドライバーショットが気持ちの良いナイスショットなら、2打目以降の気分も乗っていけるというものですよね。

ゴルファーたるもの、いつまでも飛距離をあきらめたくないものです。

平均飛距離を伸ばすために重要なのは、基本的なスイングをしっかり身に付けることにつきますので、日々の地道な練習が大切にです。

ただ、ドラコンホールや短いパー5で2オンを狙いたい時など、ここ一番飛ばしたいという時に飛距離をアップする簡単な方法があります。

普段のスイングを少し変えるちょっとしたコツを覚えれば、確実に飛距離アップすることが可能となる方法です。

ここ一番に飛ばしたいときのドライバーショット

ラウンドの中では、ここ一番のドライバーショットで、少しでも遠くへ飛ばしたい時があるかと思います。

今回は、ここ一番に効果を発揮する飛ばしのテクニックをご紹介したいと思います。

飛ばしたいからといって、渾身の力を振り絞ってマン振りしても上手く飛んではくれません。

力んでしまってチョったり、左右に大きく曲がる球になる経験は誰でもあるのではないでしょうか。

今回は、ここ一番に飛ばすために力を入れるということではなく、飛ばす方法を解説します。

ここ一番でドライバーを飛ばすために、やって欲しいポイントはこちらの2つです。

  • 右足を少しオープンスタンスにして、後ろに引く
  • ボールを少し内側に入れる

この簡単な動作だけで力を入れることなく、飛距離をアップさせることができます。

このアドレスを作ってドローボールを打つことが、ここ一番の飛距離を生み出す秘訣になります。

右足を少しオープンスタンスにして、後ろに引く

まず、飛ばしのポイントになるのが右足の位置です。

右足は、オープンスタンスに外側に開きます。

開くのは、一足分ほどでいいでしょう。

なおかつ、スタンス幅も一足分ほど少し広くします。

スタンスを大きくすればその分だけ体重移動も大きくできるので、スイングアークが大きくなってヘッドスピードも上がるため、大きな力を生み出すことができます。

体重移動が大きくなると、飛ばせる感覚が生まれてくるのです。

さらに飛ばしの力を生むために、右足を少しだけ後ろに引きます。

いわゆる、クローズスタンスの形になります。

クローズスタンスにすることで、クラブがインサイド軌道になります。

クローズスタンスではボールにフック回転がかかりやすくなるので、飛距離も伸びるのです。

慣れないと左に引っ掛けてしまうこともあるので、ある程度は練習が必要です。

自分のスイングに合わせて、適度なフックボールとなるように足の引き具合を調節してください。

その時に注意してほしいのが、腰や肩の方向です。

クローズスタンスにしても、腰や肩のラインはターゲット方向に平行になるようにすることが重要です。

ボールを少し内側に入れる

次に、ボールの位置も少し変えてみましょう。

通常のアドレス時よりも、ボールの位置を少し内側(飛球方向と逆)に置いてください。

ボールを内側に入れることで、スタンスを広くしたことに対応して、ボールの位置を体の中心にボールがくるようになります。

実際打ってみると、ドローボールを打つ感覚になってくると思います。

ドローボールを打つことによって、いつもより少し飛距離がアップするのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここ一番の飛ばしたい時に力んでしまうと、結果的にミスショットになり飛距離も伸びません。

アドレスを少し変えて、スイングアークを大きくドロー回転のボールにすることで、飛距離はアップします。

力む必要はないのです。

通常のスイングはしっかり作った上で、ここ一番のテクニックを身につけるとゴルフがまた一層たのしくなりそうですね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。