飛距離もミート率もアップするアイアンショットの右手の使い方

アイアンショットを放つ男性ゴルファー



「クォーター理論」終売セール実施中

アイアンをフェアウェイから打つときに手首を固定してフェース面をスクエアにボールに当てていこうとしていますか?
これは、真っ直ぐに飛ばすために必要だと考えて、実行しているアマチュアの方も多いかと思いますが実は一番距離が出ない要因でミスも多いことをご存じでしょうか?
右利きで右打ちの方は、どうしても身体のクラブヘッドに近い部分(右手)を使うのが自然ですよね。
テニスやバドミントン・卓球をするときと同じく利き手である右手で操作しようとするのは本能です。
筆者は右手で操作すること自体は悪くないと考えていますが、右手首を固めてフェース面を全く動かさずにスクエアに振るということは、少し間違っているのではないかと考えています。

重要な場所は右手の指

右腕を力んだ状態でクラブ操作をすると手の動きがヘッドに反映されずらく、クラブヘッドの走りが悪くなります。
エネルギーロスということですよね。
やはり、クラブ自体の動きは、ヘッドの重みを感じながら左手で引っ張り、右手はクラブを回してヘッドを走らせることを意識したほうが距離が出ますし、距離感を毎回合わせやすくなります

この時に重要な要素は右手の指です。

右手の中指と薬指の第一関節にクラブを引っかけるようにしてみてください。
これは練習場や、自宅で繰り返し間隔を素振りと共に掴むようにすることをお勧めします。
つまり、右手は中指と薬指の2本で十分という事ですね。
例えば、練習場で右手だけで練習すると感覚を養えます。右手、それも中指と薬指だけ引っかけてクラブスイングをしてみてください。
最初は少し怖いかもしれませんが、この感覚は非常に重要です。クラブの重みを十分に感じて、右手でクラブを回し、右手だけで振りぬく。
これをしてみた後に、右手の指を全て強く握った状態で振ってみて下さい。どうでしょうか?以外にすべての指を使う方が、距離も安定せずに、ダフッたりしませんか?
これこそが、アイアンにおけるミスショットの原因です。

アイアンはクラブの重みも感じてヘッドを走らせる!

さて、この打ち方。最初は練習場でも心もとなく、慣れるまでボールを捉えるのは少し難しいかもしれません。
しかし、続けていくと右手の前腕をリラックスさせ、少し足を使うことでヘッドスピードを感じることができ、クラブを右手で回す感覚が出来上がっていくと思います。
そう時間はかかりませんよ。ぜひ練習場で試してみてください。
お勧めは7番アイアンでの反復練習です。
ロングアイアンだとウェッジの感覚から遠く、短いアイアンだとロングアイアンの感覚から遠くなります。
7番アイアンが丁度よいですね。
この感覚が出来ましたらクラブを両手で振ってみましょう。きっと右手の感覚は変わってきていると思います。
また、クラブヘッドが走る感覚も養えて、力まずともボールミート率が上がり、距離もでてくると思います。
ゴルフは確率のマネジメントです。ミート率向上のために右手を意識して振りぬいてみてください。
実践して、アイアンで確実なパーオンを狙っていきましょう!!

◆関連記事◆
ゴルフでよく言われている「右手は添えるだけ」とは?

投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。