ドライバーのインパクトが安定するべた足スイングの練習方法と注意点

ドライバーでティーショットをするゴルフ女子

ベタ足でスイングする韓国人が多いけれどメリットあるの?
今回はこのようにベタ足のメリットをお伝えしていきます。
女子プロのトーナメント中継を見ていると韓国人を中心にドライバーでもベタ足の選手が強い印象があります。
ベタ足というと下半身を固定するから足の力が使えないと考える人も多くいると思います。
しかしベタ足だからと言って足の力を全く使わないわけではありません。
ただしベタ足のやり方をしれば今まで以上に安定して飛距離を出すことが可能になるでしょう。
それではドライバーでベタ足にするメリットから見ていきましょう。

ドライバーでべた足でインパクトする3つのメリット

ドライバーでベタ足にするメリットはこちらです。
・体の軸がぶれなくなる
・球が捕まる
・アイアンとの差が少なくなる
他にもメリットはありますが大きく見るとこの3つです。
1つずつ説明していきます。

体の軸がぶれなくなる

ベタ足スイングとはインパクトまで右足踵が地面から離れないスイングです。
足が離れないので体の軸がぶれなくなるのが特徴です。
イメージとしてはお腹より上が回転してそれに伴い下半身も回る感じです。
ゴルフの基本は背骨の軸を中心とした回転運動。
軸がずれるとそれだけミート率は低下していきます。
普段上手く当たらないと悩んでいる人はベタ足にすると上手く当てられる可能性は高いでしょう。

球が捕まる

ベタ足にすると球が捕まります。
これはベタ足にすることで体の開きを抑えられヘッドの運動量が増えるからです。
スライスに悩む人はベタ足にすることで球が捕まり飛距離と方向性の両方が良くなるでしょう。
反対にフックが持ち球の人は体の回転ができないと引っ掛けるので注意して下さい。
球が捕まりすぎる原因は体が止まることでヘッドが返りすぎるからです。
体の回転がしっかりできれば引っ掛けで悩むことは無いでしょう。

アイアンとの差が少なくなる

ドライバーをベタ足にするとコンパクトなスイングとなり体重移動も抑えられるのでアイアンとの差が少なくなります
そのためスイングを1つ覚えればOKなのでゴルフがシンプルになります。

ドライバーをべた足で練習する時の注意点

ドライバーをベタ足にすることで多くのメリットがあるのですが注意点もあります。
それは腕だけで打たないことです。
ベタ足にすると体の動きが小さくなるので手先で打ってしまうアマチュアの人がいます。
しかしこれは間違いです。ベタ足でも体の回転で打つことに変わりありません。
それを手先だけで打ってしまうと飛ばないのに加え曲がる原因になります。
手先で打つと体の力が使えずにフェースのローテーションも大きくなるので飛ばないし曲がるのです。

べた足練習法

ベタ足で正しいインパクトを覚えるのには小さい振りで覚えるのが1番です。
アドレスをしたら小さい振りで打ってみましょう。
この時に踵は浮かさないようにして体の回転で打ってください。
これができればインパクトゾーンが長くなり安定します。
まずは小さい振りを安定させて下さい。
慣れてきたら徐々に大きなスイングにしていくと体を使ったベタ足のスイングが身に付きます。

まとめ

今回はドライバーでベタ足にするメリットや注意点をお伝えしました。
女子プロを中心にドライバーをベタ足で打つプロが増えています。
ドライバーを安定させるにはベタ足でインパクトするのが1番です。
スイングがコンパクトになり球も捕まります。
しかし手先だけで打つと逆効果。
ベタ足でも体の回転で打つことを忘れなければ安定したナイスショットができると思いますよ。
ドライバーに悩んでいるなら是非試してみましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆関連記事◆
【スイング】下半身の爆発力を引き出す足の使い方

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。