渋野日向子選手が、約2年ぶりに優勝【スタンレー・レディースゴルフトーナメント】

ゴルフコースに朝日が差し込む光景

国内女子ゴルフツアーは先週、「スタンレー・レディース」が、静岡県の東名CCで行われました。
優勝したのは渋野日向子選手です。

渋野選手は最終日、首位と2打差の5位から出てましたが、6バーディー、2ボギーの68で回りました。

18ホールを終えて首位に並んだのは、渋野選手と、木村彩子選手ペ・ソンウ選手(韓国)、アマチュアの佐藤心結選手。4人でのプレーオフとなりました。

渋野選手のショットはプレーオフで冴え、1ホール目ではフェアウエーからの第3打をカップまで10センチに付けるスーパーショットで楽々バーディー。ここで木村選手が脱落。

渋野選手は2ホール目も、第3打を1メートルにつけてバーディーを奪いました。ペ選手と佐藤選手はバーディーを取れませんでした。

渋野選手の前回の優勝は2019年11月の「大王製紙・エリエール・レディース」です。

渋野選手にとって1年10カ月ぶりの優勝となりました。
優勝後のインタビューで、「2019年の自分を超えることは難しいんじゃないかと思っていた」と語って涙を流していた渋野選手。

確かに2019年はすごかったですね。プロ転向が2018年で、ルーキーでいきなり5月の国内女子メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」で優勝

さらに7月の「資生堂レディス」でも優勝すると、1カ月もしないうちに「AIG全英女子オープン」で日本勢として42年ぶりに優勝

その後も、9月の「デサントレディース」、11月の「大王製紙・エリエール・レディース」で優勝しました。

スイング改造にも取り組みましたが、勝てない日々が続いたことから、それが原因だと批判する人も多かったようです。
それを見返すように、見事に日米通算6勝目を挙げました。

ちなみに渋野選手は最近、バッグにウェッジを4本入れているそうです。
今大会でも、100ヤード以内の強さを見せつけました。

「渋野選手うはもう終わった」などと言う人もいましたが、まだ22歳です(2019年は20歳でした!)これからまだまだ活躍できる選手です。

国内女子ツアー、今週は「富士通レディース」が、東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)で行われます。

国内女子ツアーをリードしてきた歴史のある大会ですが、渋野選手は初出場。2週連続優勝への期待もかかります。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題