ゴルフ初心者におすすめの練習法『ビジネスゾーン』とは!?

ゴルフが上手くなるためには、ゴルフ練習場での練習が欠かせませんね。

しかし、皆さんは練習場でどのような練習をしていますか?

特に初心者は、どういう練習が効果的なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。

今回は、ゴルフ練習場でやるべき初心者にオススメの練習方法をご紹介します。

初心者が意識すべきビジネスゾーンとは!?

ゴルフ練習場では、ついついフルスイングで飛ばしたくなるものです。

しかし、やみくもにドライバーを振り回しても上達することはできません。

特に初心者が上達するためには、ビジネスゾーンを意識した練習が効果的です。

ビジネスゾーンとは、スイング軌道のうち、右腰の高さから左腰の高さまでのゾーンのことを言います。

つまり、インパクト前後のゾーンです。

ゴルフにおいては、インパクトに深く関係するこのゾーンが最も重要なのです。

プロゴルファーの間では、彼らのビジネス、つまり賞金に直結するゾーンなのでビジネスゾーンと呼ばれています。

それほど、重要なゾーンということですね。

この重要なビジネスゾーンの動きを繰り返す、つまりハーフショットを繰り返す練習がゴルフの上達への近道になります。

また中上級者でも、調子が悪くなった時にはこの練習をしてみましょう。

基本を取り戻すことができます。

ビジネスゾーン(ハーフショット)練習の効果

インパクトが安定する

フルスイングではいろいろ気になることがあるので、インパクトに集中することが難しくなります。

ハーフショットでは、インパクトに集中して、正しいインパクトができた時の感触を確かめながら練習することができます。

これを繰り返し行うことで、インパクトが安定するようになります。

スイングリズムがよくなる

安定したショットをするためには、一定のリズムを身に付けることが必要です。

スイングリズムがバラバラだと、打球もバラついてしまいます。

ハーフショットを繰り返すことで、ビジネスゾーンでの体の力の入れ具合が分かるようになり、スイングのリズムが良くなります。

飛距離もアップ

  • 正しいインパクト
  • 正しいリズム

が身に着くと飛距離もアップします。

飛距離を伸ばすためには、クラブヘッドの正しい位置で、適正なスピードでインパクトを迎える必要があります。

ビジネスゾーンの正しい動きができれば、飛距離はアップするのです。

ビジネスゾーン(ハーフショット)の練習方法

使用するクラブは、7番や8番アイアンがおすすめです。

スタンスは、通常のショットと同じくらいで構いません。

両肩と両腕で作られる三角形をキープして、腰の高さまでバックスイングを上げたら、腰の高さまでフォローをだします。

体の軸をしっかり意識して、体重移動と体の回転を連動させて打ちましょう。

スイングのスピードやリズムを意識して、インパクトの感触を確かめながらスイングしましょう。

打つたびに、

  • インパクトの感触
  • 打球の方向や飛距離

を確認してください。

これを繰り返して、自分にとって正しいビジネスゾーンの動きを見つけていきましょう。

ミスが続くなど、上手く打てなくなったら、両足を揃えて打ってみるのも効果があります。

両足を揃えることで体の軸が意識しやすくなり、正しいビジネスゾーンの軌道でスイングすることができます。

また、練習場のマットでは少々ダフっても上手く打てるので、正しいインパクトがわかりにくくなることがあります。

ボールをティーアップして打つと、正しいインパクトの感触を理解しやすくなるのでオススメです。。

まとめ

ちょっと地味な練習ですが、特に初心者の方には本当に効果がある練習方法なので、是非試してみてください。

ビジネスゾーン、つまり賞金に直結する重要なゾーンです。

ビジネスゾーンを制することができれば、上達間違いなしです。

それでは引き続き楽しいゴルフライフを!

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。