初心者必見!!ゴルフのスコアアップにはパターが重要!

「パットイズマネー」という言葉は、ゴルフをしている人であれば誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。

ドライバーで250y飛ばしても1打ですし、パターでたった10cm転がしも同じ一打です。

ゴルフはカップに近づけば近づくほどスコアに関係してくるので、パターはゴルフのスコアアップに置いてとても重要なものだと言えます。

初心者の方だと、ドライバーやアイアンなど大きいショット練習がほとんどで、パター練習は疎かにしてしまってはいないでしょうか。

また、パター練習といっても、どんな練習をしたらいいかわからないですよね。

今回は、ゴルフ初心者のためのパター練習法をご紹介します。

パター練習の準備をしよう!

パターは、自宅で簡単に練習する事が出来ます。

パターマットは、安いものは3000円程で手に入れることが出来ますし、パターマットを購入しなくても自宅のカーペットでボールを転がすだけでも十分です。

カーペットの上を転がすときは、カップの代わりにペットボトルをおいて、当たればカップインとすればいいですよ。

ペットボトルは、グリーン上のカップより小さいので、実際にゴルフ場でプレーすると簡単に感じる事が出来ます。

気を付けなければならないのは、フローリングの上だと高速グリーンが出来上がってしまうので、必ずカーペットやタオルなどを引いてくださいね。

パター練習の用意が出来たら、早速練習していきましょう!

とにかくカップインさせる!

はじめのうちは、とにかくカップインする事を考えて練習しましょう。

どんな形でも、カップインすれば問題ありませんし、とにかく入れる事が重要です。

初めは10回連続、慣れてきたら連続して入れる回数を増やしていきましょう。

パターマットは、線が入っているものだとボールの転がりがよくわかるので、オススメです。

また、初めは1mほどの距離、慣れてきたら距離を伸ばしていきます。

1mは、プロゴルファーでも100%入る距離ではありません。

いかに短い距離を簡単に入れるとこができるかで、スコアアップに繋がってきます。

パターマットではなく、カーペットの上を転がしてペットボトルにあてる場合は、連続して何回ペットボトルに当たるかを練習してみてくださいね。

強弱を考えてカップインさせる!

パターマットで入るようになってきたら、打つ強さを考えて打つようにしましょう。

  • カップのギリギリでカップインさせる
  • カップの奥に当ててカップインさせる

などの、練習をしてください。

ボールに多少勢いがあったとしても、カップの中心にあたればカップインしてくれます。

自分で思った強さを打てるように、練習しましょう。

カーペットで練習する時は、

  • ペットのボトルを倒す強さ
  • ぎりぎりで倒れない強さ

を打ち分けてくださいね。

線を無視してカップインする!

パターマットには、ボールの転がりがわかるようにがありますよね。

ただ、本番のゴルフ場ではわかりやすい線はありません。

線の上を転がすことに慣れてきたら、線を無視してカップインする練習をしましょう。

線のないところからカップインが出来るようになれば、かなりパターが上達したと言っても問題ありません。

カーペットの上で練習する場合は、ペットボトルの左右から当てるという練習をしてくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフ初心者のためのパター練習法をご紹介しました。

ゴルフ初心者の方であれば、パターを少し練習しただけでスコアアップにすぐ繋がります。

パターは、自分が思った通りに転がせることが出来るようになれば、スコアもおのずとよくなりますよ。

一日5分でもいいのでボールを転がしてくださいね。

パターを極めてゴルフを楽しみましょう!