次のラウンドで役に立つゴルフコースの状況対応別のアイアンの打ち方と練習方法

芝の上でセットアップされたゴルフボールとアイアン

練習場ではある程度ナイスショットが出るけれどコースに行くとスコアがまとまらない。
思い当たる人は多いと思います。
ゴルフコースでは練習場と違い様々な状況からボールを打たなくてはいけません。
コースに出るとボールの止まった場所から打たなくてはいけません。
打ちやすい芝の上からなら練習場と同じように打てるかもしれませんが、林の中や運悪くディボットの上から打たなくてはならない場合もあります。
今回はコースで良いスコアで回ってこれる練習法について説明していきます。
この記事を読めばスコアアップすること間違いなしです。

ライが悪い時はボールの位置を右に置くと良い

練習場とコースの1番の違いはマットの上から打つのか、芝の上から打つのかということです。
マットでは多少手前をダフっても滑ってくれるのでナイスショットになりますが、芝の上からはそうはいきません。
手前をダフると途端に飛ばなくなってしまいます。
芝が元気な夏なら芝の上にボールが乗るので多少は簡単ですが、冬の枯れた芝の上やフェアウェイバンカーなどは直接ボールに当たらないと大きなミスになってしまいます。
それではダフりたくない時はどうすれば良いのか?答えは体重を左にしてボールの位置を通常より右にします
アドレスを変えるだけで最下点より手前で当てることができるためダフらないのです。
練習法はボールの手前のマットにガムテープを張るだけ。
これならダフるとガムテープが剥がれるのでわかります。

林からの脱出の為にコントロールショットを覚えよう

林間コースに行くと絶対に必要なのが林からの脱出ショット。
練習もしないでカンを頼りにスイングをしても上手くいくことは稀です。
林からしっかり脱出するためには方向と高さ、打ちたい距離に打つ技術が要求されます。
多くの人は練習場でフルショットの練習しかしていません。
それでは林に入った時に正確な距離を打ち分けるのは難しいでしょう。
いろいろなクラブで距離を打ち分ける練習をしておくことで林からの脱出ショットが上手くなりスコアアップが望めます。

アイアンを左右に曲がられると障害物をよけて距離が出せる

コースに行くとドッグレッグホールや目の前に木があり真っすぐ狙えない時があります。
そのような時に球を曲げられるとグリーンを狙えます。
球を曲げるのに一番簡単なのはアドレスを変える方法。
例えば右から左に曲がるフックボールを打ちたい時は、フェースを目標に向けてボールに対して時計回りにクローズスタンスをとり、その状態でグリップします。
そうすると打ち出しは体の向いた方向に出ていき空中で球が曲がって最終的にインパクト時のフェースの向きに到着します。
スライスを打ちたければその反対です。
同じクラブでもインパクトの時のロフトが変わるのでフックなら通常より飛び、スライスなら通常より飛ばなくなります。
練習場でこのような球を曲げる練習をしておくとスコアアップに役立ちます

まとめ

今回はコースでスコアアップするための練習法をお伝えしました。
練習場とコースでは状況が違います。
多少手前に入っても滑ってくれるマットとは違いコースではミスになりやすい。
どんなに上手いプロでも球を曲げて林に入れることだってあります。
アマチュアゴルファーなら当然と言えるでしょう。
そんな時のために練習場で練習しているかどうかでスコアは変わってきます。
今までフルスイングで真っすぐ飛ばす練習しかしてこなかった人もこの機会に球を曲げる練習をしてみるとスコアアップするかもしれませんよ。

◆関連記事◆
ゴルフスイングの基本的なスタンス幅と状況別の使い分け

ロブショットを使う状況や打ち方のポイント

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。