シャンクって何?原因と改善方法

突然ヤツは現れます!
打った瞬間に右方向に白い残像を残していきます。

そうシャンクです。

ゴルファーなら、
1回や2回経験あるでしょうか。

まだ、たまに出てしまうでしょうか。

打った本人もびっくりしますが、練習場だと
前の打席の人もちょっと冷や汗出ちゃうと思います。

あと、コースで出ると
精神的ダメージ大きいですよね…

今回はシャンクについての内容になります。

目次

・シャンクって何?
・シャンクが出る原因
・シャンクを出さないための改善方法
・まとめ

シャンクって何?

ボールがフェース面に当たらず、シャフトの延長部分である
ホーゼルやネックと呼ばれる場所に当たることを言います。

ボールの左端を打つことになるので、シャンクした瞬間に
ボールは大きく右方向に飛び出していきます。(右打ちの場合)

シャンクが出る原因

誰しもシャンクは打ちたくありません。
狙って打とうと思っても、簡単ではない。

不思議なミスショットです。

シャンクが出てしまう原因については、
何点かあります。

まず最初に「ハンドファースト」の意識が強い。

普段通りにアドレスを取った状態から、
手元だけをターゲット方向に動かしてみてください。

クラブフェースはものすごく開いていませんか?

実際にクラブを振って、
ハンドファーストだけを意識していると、

クラブヘッドは遅れながらフェースが開いて下りてきます。

そのままインパクトしてしまうと、
ホーゼルやネックに当たりやすくなるのは当然ですよね。

また右足体重が強すぎる。
ダウンスイングで極端に右肩が下がる場合も要注意です。

この場合は、アドレスの状態よりも
手元が後ろにきてフェースがオープンの状態になります。

そのまま、すくい打つようにインパクトしようとするので、
シャンクになりやすいというわけです。

または、リーディングエッジに当たるという、
シャンクとよく似た打感があるので勘違いしている人もいます。

いずれにしろミスヒットなので、
以下の改善方法を参考にしてみて下さい。

シャンクを出さないための改善方法

最初は、ゴルフクラブの形をよく理解することです。

ゴルフクラブは野球のバットとは違い、
グリップの延長部分でボールを打ちません。

グリップの先にシャフトが来て、
シャフトの先端から離れた部分でボールを打ちます。

シャフト軸線からスイートスポットまでの
重心距離のある道具を扱っていることを忘れないでください。

次にシンプルな修正方法としては、
アドレスがボールに近いということも考えられます。

正しいスイングをしたとしても、
ボールに近い場所に立っていれば、

ヒール寄りでインパクトしやすくなるので、
シャンクも出やすくなるというわけです。

ボールからアドレスの距離を遠くしても、
まだシャンクが出るという時は、

インパクト時に、ボールに向かって
腕を伸ばしていくようなスイングになっていませんか。

腕を伸ばすことと遠心力が加わり、
クラブフェースはイメージよりも遠くに落ちるので、

ホーゼル部分に当たりやすくなっている
可能性があります。

インパクトで当てにいく意識から、
振る抜くように切り替えてみてください。

それでもだめなら、
ボールをフェースのトウ側で構えるようにして、

腕が伸びた状態に合うように
セットしておきましょう。

まとめ

どれか心当たりのある原因はありましたか。
そして、参考になる改善方法見つかったでしょうか。

ここで紹介した以外にも、
原因と改善方法はありますが、

多くの人が当てはまりやすいパターンを
書かせていただきました。

シャンク改善にお役立てください。