ドライバーの練習は打ちすぎると下手になる!?

練習場でティーアップされたボールをドライバーで打つ場面



「クォーター理論」終売セール実施中

練習場に行ったらドライバーの練習ばかりしていませんか?
練習場に行くとドライバーしか練習していないのではないかと思うくらいドライバーのフルスイングばかり練習している人を見かけます。
豪快なドライバーショットが決まると気持ち良いのはわかります。ただドライバーばかりを練習するのは考えものです。
今回は練習場でドライバーを打ちすぎることによる弊害をお伝えします。

ドライバーを打ちすぎると弊害がある

ドライバーが苦手だからとドライバーばかり打つと弊害がいくつかあります。
まず1つ目の弊害はスイングを壊す可能性があることです。
基本的はアイアンもドライバーも同じスイングなのですが、地面から打つアイアンとティーアップした状態で打つドライバーでは少しだけ違いがあります。
アイアンを正しく打つにはダウンブローで打つことが必要ですが、ドライバーの場合レベルブローかアッパーブローで打つのが正しい動きです。
特にドライバーで球が上がらない人がドライバーばかり練習すると下からしゃくり上げる動きが強くなりスイングを壊します。
この様な人はドライバーが良くなるとアイアンがダウンブローで打てなくなり全く当たらなくなることがあるので注意が必要です。

ドライバーのスイングは体への負担が大きい

次にドライバーは遠心力が効き、飛ばそうとするので体の負担が大きいことです。
特に腰や首の負担が大きく、最悪の場合ヘルニアになることもあります。
アイアンではダウンブローに打つためドライバーと比べると腰は並行に回ります。
ドライバーの場合球を上げようとして軸が傾くと右腰が下がったまま回転するので負担が大きくなるのです。
ビハインドザボールを意識してボールを上げようとすればするほどこの傾向は強くなるので気を付けましょう。
首への負担もクラブが長くなれば大きくなります。特に顔を残したスイングをするとクラブと体が引っ張り合い首への負担が増してきます。

ドライバーの練習をするのなら小さな振りがおすすめ

ドライバーが苦手なら練習しないわけにはいきません。
フルスイングばかりでは先程お伝えしたように弊害も多いのですが小さい振りであれば問題なく練習することができます。
小さい振りであれば動作の確認をしやすく、体の負担もほとんど掛からないのでドライバーを沢山練習したい人は小さい振りを多く練習するのがおすすめです。
やり方は簡単です。アドレスをしっかり取り腕の力を抜いて軸の回転で打つようにします
スイングの大きさは腰から腰程度にすれば腕を使わずにスイングすることが簡単です。
両腕の三角形を最後まで崩さない様に体の回転だけで打つことでインパクトが安定して来ます。
まずはこのように腰から腰で球が真っすぐ飛ぶようにして、それができたら徐々にスイングを大きくしていけば正しいスイングを身に付けることができるのです。

プロはドライバーを多く練習しない?

プロの練習を見ているとドライバーばかり練習しているプロはほとんどいません。
ドライバーを練習するにしても練習場でいきなりドライバーから振るプロはほとんどいないでしょう。
多くのプロはサンドウェッジのような短いクラブから練習を始めドライバーは体が温まってからです
もし練習場でドライバーから始めているのであれば練習する順番から見直すとケガのリスクを減らすことができます。

まとめ

今回は練習場でドライバーを打ちすぎることによる弊害をお伝えしました。
飛距離を出したい、方向性を良くしたいからと言ってドライバーばかり練習しているとスイングを崩す原因にもなりかねません。
ドライバーで打ち込みたい時は小さい振りを多く練習するとスイングを崩さず、体の負担も少ないのでおすすめですよ。

◆関連記事◆
ドライバーで目標方向にうまく打てない人にオススメの練習方法

ドライバーの調子が悪い時の確認と修正方法

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。