アイアンでティーアップして練習をするメリット

ティーアップされたボールとアイアン

アイアンが苦手なんだけどティーアップして練習しても良いの?
ドライバーはティーアップしているのだからアイアンもティーアップして練習しても良いのではないかと考える人もいると思います。
ゴルフを始めたときはアイアンでもティーアップして練習した経験があるのではないでしょうか。
しかしある程度打てるようになるとアイアンの調子が悪くても地面の上から打つことにこだわって練習している人がほとんどです。
今回はそのような人に向けてアイアンでティーアップして練習をするメリットについてお伝えしていきます。
この記事を読めばアイアンでティーアップして練習をしたくなるかもしれません。

アイアンでティーアップして練習すると下手になる?

アイアンを地面から打つことにこだわる人はティーアップして練習すると下手になると思っているからでしょう。
アイアンの基本はダウンブロー。
ティーアップするとダウンブローではなくアッパーブローになるから地面から打つのだと思います。
確かにダウンブローを覚えるためには地面から打った方が良いでしょう。
しかしスイングを覚えるのには地面から打つことよりティーアップして練習した方が良いこともあります。
アイアンでティーアップして練習するメリットは次の2つです。
・ティーショットの練習になる
・ボールに当てにいかずにスイングに集中できる
アイアンでティーアップして練習するとこのようなメリットがあります。
1つずつ説明していきます。

ティーショットの練習になる

アイアンでティーアップする練習と聞いて、まず思い浮かべるのがティーショットの練習のためにすることです。
ショートホールやブラインドホールのティーショットのためにティーアップして練習します。
ティーアップして練習をしていないとコースでボールの下を潜って距離が出ない可能性があるのでやっておいた方が良いでしょう。
どの位の高さにティーアップすればナイスショットするのか練習で掴んでおけば本番でも役に立つので覚えておきましょう。

ボールに当てにいかずにスイングに集中できる

アイアンをティーアップして練習すると地面から打つより簡単になります。
地面からだとボールにクリーンに当てることが難しかったのが、ティーアップすることでクリーンに当てやすくなります。
そのためボールに当てることに意識を集中しなくても勝手に当たるのです。これはスイング作りにおいて相当大きなメリットです。
正しいスイングにしようと思ったら体の動きに集中するべきです。
しかし地面からボールを打つと体の動きよりもボールの飛び方に意識が行ってしまいます。
しっかりと飛ばすためにはボールにクリーンに当てる必要があります。
何も考えずにボールをクリーンに当てられれば良いのですがそうは行かないと思います。
なかなかクリーンに当たらないのでボールにしっかり当てようとするはずです。
こうなると体の動きはおかしくなります。
しかしティーアップすると簡単にボールに当たるので体の動きに集中できるのです。
体の動きが良くなればボールの飛び方も良くなります
当然再現性も高くなるのでナイスショットの確率が高くなります。
このようにアイアンをティーアップして練習することで正しいゴルフスイングを身に付けることができるのです。

まとめ

今回はアイアンでティーアップして練習するメリットをお伝えしました。
アイアンでティーアップして練習するのはゴルフスイングを作るうえで重要です。
地面から打つときに比べてはるかに易しくなるので体の動きに集中できます
ダウンブローに打つことよりもボールに当てにいかずに軸回転を覚えたほうがゴルフスイングは良くなります。
まずティーアップして練習してスイングがある程度固まってきたら地面から打つことで効率よくゴルフが上達できると思いますよ。
今までティーアップして練習していなかった人も是非取り入れてみましょう。

◆関連記事◆
【動画あり】アイアンでティーアップすると打てない悩みを解消

ティーアップの高さで何が変わるの?

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。