アプローチを上達させたければ簡単なライからの練習がおすすめな理由

グリーン手前にあるボール

アプローチさえ良ければスコアアップできるのに。
このように思っているゴルファーは多いと思います。
下手するとアプローチイップスでゴルフをやりたくないなんて言う人も。
アプローチが苦手な人が間違った練習を続けるともっと酷くなることだってあります。
正しい練習を知るだけでアプローチが上達します。
今回はアプローチを上達させたければ簡単なライからの練習がおすすめの理由を紹介していきます。
この記事を読んで練習を見直しましょう。

アプローチを上達させたければ簡単なライからの練習がおすすめの2つの理由

アプローチを上達させたければ簡単なライからの練習がおすすめの理由 を紹介していきます。
・イメージが良くなる
・距離感に集中できる
主にこの2つです。
ライとはボールのある状態のこと。
フェアウェイでボールが軽く浮いている状態が最も良いライで、ボールの下が砂や土、逆目のラフに入っている場合などはライが悪いと言えます。
練習する時はライにこだわると良いでしょう。
簡単なライから打つことでイメージが良くなります。
よくアプローチが苦手なのに難しいライから練習をしている人を見かけますが逆効果です。
アプローチが得意でもっと上達したいと思って難しいライからの打ち方を覚えるのであれば問題ありませんが、相当レベルの高い話です。
アプローチが苦手な人に大切なことは自信です。
自信がないとボールに当てて終わりになったり、急激にリズムが速くなったりします。
まず簡単なライから成功体験を重ねていくことで自信が付いていきます。
自信が付くと自然と体が動くようになるのでアプローチが上手くなってくるのです。
当然、何度も成功すると自然とイメージが良くなってくるので更に寄るようになっていきます。
簡単なライから打つメリットはまだあります。
それは距離感に集中できる点です。
アプローチで大切なことは距離感。
例えば20ヤードのアプローチ。
10ヤード左右に外す人は少ないですが10ヤードショートしたりオーバーする人は多くいます。
つまり方向よりも距離感が難しいのです。
難しいライからでは打ち方やボールへの入れ方など考えることが多くなり距離感に集中できません。
簡単なライからであれば打ち方も同じようにでき、距離感に集中することができるのです。

アプローチ上達のコツは1種類のアプローチを極めること

簡単なライからアプローチすることのメリットが分かって頂けたかと思います。
次にどのようなアプローチをすれば良いのかお伝えします。
結論からお伝えするとピッチエンドランかランニングアプローチです。
100が切れない人はまずはランニングアプローチを練習するのがおすすめです。
ランニングアプローチも2通りあります。
ウェッジのロフトを立てて転がすやり方と、9番や8番などのクラブで転がすやり方です。
100を切っているのであればどちらでも構いませんが、それでも9番や8番などのクラブで転がすやり方の方が簡単です。
このやり方であれば極端なオーバーやショートは無くなるでしょう。
ただし、グリーン周りからでないとランニングアプローチはできません。
もう1つはウェッジでのピッチエンドランです。
ランニングアプローチほど転がりませんが、距離に関係なく使うことができるのがメリットです。
このどちらかのアプローチを覚えましょう。

まとめ

今回はアプローチを上達させたければ簡単なライからの練習がおすすめの理由を紹介しました。
簡単なライから練習すればイメージが良くなり距離感に集中できます。
アプローチが得意で無い人が練習する時は色々な打ち方を覚えるよりも、得意な打ち方を覚えるとスコアがまとまります。是非試してみましょう。

◆関連記事◆
ゴルフコースでアプローチの距離感が合わない原因と練習方法

アプローチ上達は打ちっぱなし練習場で○○するのがおすすめの理由を紹介

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。