方向性が良くなる!ライン出しショットの打ち方

ゴルフでは飛ばす楽しさもありますが、
コースでは方向性が良くなければスコアを崩すことになります。

 

次のショットが打ちやすい場所を狙って落とす。
コースを最短距離で攻める。
グリーンを的確にとらえる。

 

このようなときには、
方向性の良いショットが求められます。

 

この記事では、方向性を重視した時に使う、
ライン出しショットについて紹介していきます。

 

今回の目次

1.ライン出しショットとは
2.パンチショットとライン出しの違い
3.ライン出しショットの打ち方
4.ライン出しショットの注意点
5.まとめ

 

ライン出しショットとは

 

プロゴルファーがスタート前の練習エリアで、
低く糸を引くようなショットを打っているのを見たことないでしょうか。

 

ライン出しショットとは文字通り、
ターゲットまでの線をなぞるように

 

真っすぐに飛んでいくショットを意図的に打つことです。

 

飛距離よりも、
正確にピン方向へ打つことを目的とします。

 

パンチショットとライン出しショットの違い

 

パンチショットもライン出しも
似たような打ち方になりますが、

 

違う点はパンチショットの場合、
インパクトで強く当てて止めるようにします。

 

ライン出しショットでは、
インパクトで止めずに貫通させます。

 

ライン出しショットの打ち方

 

方向性を重視したショットなので、
フルスイングではなく、

 

7~8割のコンパクトなスイングを意識します。

 

低い弾道をイメージして、
インパクトゾーンを長く、低いフォローを取りましょう。

 

フィニッシュは腕がターゲット方向に伸びて、
クラブヘッドが上を指すようにします。

 

フルショットの時よりは腕のローテーションを抑ええて、
左手の甲を狙った方向へ、ぶつけていくようにすると、

 

インパクトでつかまえたボールを
押し込んでいくような感覚が出てきます。

 

ライン出しショットの注意点

 

方向性重視なので、
大きな体重移動は必要ありません。

 

また、球が上がりすぎてしまうと、
風の影響を受けやすくなります。

 

どうしても低い球が出ないという時は、
ボールの位置を右足寄りにずらして、

 

フェースを起こして、
インパクトするようにしてみてください。

 

まとめ

 

ライン出しショットは方向性が良くなるだけでなく、
低い弾道で飛んでいくので、

 

風が強い日のゴルフにも有効です。

 

イメージ通りのショットが出せれば、
スコアが良くなることも想像できると思うので、

 

フルショットの練習ばかりではなく、
ライン出しショットも取り入れて、

 

ベストスコアを更新しましょう。