ゴルフのイーグルって何?スコアの数え方を覚えましょう

「ここはイーグルを狙うか。」

イーグルって何?

鷲のこと?

ゴルフは様々な用語があって初心者には難しく感じるかもしれません。

アドレス、フォロースルー、スプーン、フェード、バーディ・・・

普段の生活では聞かないカタカナばかりで混乱している人も多いのではないでしょうか。

今回はゴルフのイーグルや、スコアの数え方に関する用語を説明していきます。

この記事を読めば数え方がわかるようになりますよ。

是非最後までご覧ください。

ゴルフのイーグルって何?

「今のホールいくつでしたか?」

ゴルフをやっていると絶対に聞かれる質問です。

「4打でした」

このように打数で言ってくれれば誰でもわかりますが

「パーだったよ」

「ダブルボギーだったよ」

「イーグルだったよ」

このように言う場合も多いので、まずは打数に関するゴルフ用語を覚えましょう。

まず覚えてもらいたいのがパーです。

パーとは規定の打数。

ホールによって規定の打数は違ってきます。

パー4のホールで4打でカップインすればパーですし、パー3のホールで3打、パー5のホールで5打でカップインすればパーとなります。

よくパープレーと言いますが、これは規定の打数と同じスコアで回ったことを言います。

18ホールの合計が72であれば、それと同じ72で回すとパープレー。

もし73で回ったとすれば1オーバー。

71で回ると1アンダーと言います。

つまり規定打数より多ければ〇オーバーとなり、規定打数より少なければ〇アンダーとなります。

次はバーディ。

バーディとは規定の打数より1打少ないことです。

そしてタイトルにもあるイーグル。

イーグルとは規定の打数より2打少ないことです。

パー5のホールで2オン1パットで入ればイーグルですし、パー4のホールで2打目が直接カップインしてもイーグルです。

もちろんパー3のホールで1打で入ればイーグルですが、この場合に限ってイーグルよりもホールインワンと呼ぶことの方が多いので覚えておきましょう。

イーグルも充分凄いのですが、それ以上に凄いスコアもあります。

規定打数より3打少ないのをアルバトロスと呼びます。

アルバトロスはホールインワンより凄くて出る確率はホールインワンの50倍難しいとされています。

更に上があり規定打数の4打少ないことをコンドルと呼びます。

公式試合での達成はなく、記録に残っているのも4例しかない貴重な数字です。

少ない打数を紹介しましたが、当然多い打数の呼び方もあります。

規定打数より1打多いことをボギーと呼びます。

規定打数より2打多いことをダブルボギー、3打多いことをトリプルボギーと呼びます。

規定打数の2倍のスコアをダブルパーと呼ぶことも付け加えておきます。

自分のスコアが数えられるようになったら他人のスコアも思えておこう

最初は自分のスコアを数えるので大変だと思います。

慣れてきたら同じ組で回っている他人のスコアも覚えておきましょう。

他人のスコアを覚えていないと次のホールのティーショットが誰から打てばよいか分からなくなるからです。

4人のスコアを覚えておいて前のホールのスコアの良い人から打っていきます。

ゴルフ初心者の人はここまで覚えられると良いですね。

まとめ

今回はゴルフの打数の名称をお伝えしました。

ゴルフは専門用語が多く初心者の悩みの種になっています。

数あるゴルフ用語の中でもスコアの数え方は良く使う用語です。

テレビ中継を見ていても出てくるし、当然実際のコースでも頻繁に聞く言葉です。

スコアの数え方が分からないと打つ順番がわからず周りに迷惑をかけるかもしれません。

この機会にしっかり覚えておくのが良いでしょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。