バンカーショットで重要なコツとは?

読者の皆さんこんにちは!

バンカーショットで重要なコツとは?

さて、バンカーショットと聞いて、皆さんはどんな感想をお持ちでしょうか。

  • 出来ればラウンド中一度も入れたくないと言う方
  • フェアウェイバンカーに入ると番手に悩むなんて言う方

も、いらっしゃいますよね。

基本的に、コースは戦略的にバンカーを配置しており、コース設計者の意図を感じ楽しめるところまで行きつければ、かなりの上級者です。

ただ、どうしてもプレーしていればバンカーに入ることはありますし、プロのプレーを見ていると、ラフかバンカーの選択を迫られるとバンカー側に打っていくシーンを見かけます。

どうも打ち方をマスターしていけば、ライの悪い場所よりはバンカー脱出の方がイージーなのかもしれませんね。

そうなんです。

バンカーショットで重要な要素は構え方と打ち方のコツで、これを理解する事で意外に短期間で会得出来ると考えて下さい。

フェースを開いてからグリップする

今日は一番実践でも経験値が高い、グリーン周りのバンカーを想定してみます。

このバンカーショットですが、フェースを開いて打つのが基本になります。

ただ、フェースをどの程度開くかに決まりがある訳ではないんです。

グリーン周りのバンカーショットで、サンドウェッジを利用する人は多いと思います。

サンドウェッジには、バウンスと呼ばれるテールの部分がありますが、砂に潜り過ぎないように設計されています。

そうですね。

サンドウェッジを使用すれば、基本的にフェースは開かなくても砂に潜り過ぎないので、バンカーショットは可能です。

  • 開いた分だけ高く上がる
  • 開かなければ低く出る

という事を理解しておきましょう。

この感覚は、練習で距離感含めて付ける必要はあります。

ただこの時、一番重要な動作があります。

意外に抜け落ちているプレイヤーが多いのですが、バンカーに入りグリップを先にするのでは無く、まず決めた角度にフェースを開き、その後グリップする事が重要です。

ただフェースを開くだけでは、ダウンスイングでフェースが閉じて左に出やすくなります。

必ずフェースを開いてから、グリップしましょう。

構える際のポイントとは?

次に、アドレスです。

通常のショットのように、ボールと打ち出し目標のラインに対して、両肩と両足が平行になるように構えます。

特に意識したいのは、右足が目標ラインに対して直角を意識になる事です。

この形で構えると、フェースが開いている分ターゲットよりも右に向いてますね。

このまま打つと、開いたフェースの方向、つまり右側に飛び出します。(右利きの場合です)

ここでグリップ同様重要な事は、アドレスで開いたフェースがターゲットを向くまで、体を左に向ける事です。

これが、バンカーショットでフェースを開いてオープンに構えるポイントになります。

尚、何度も言いますが、右足はオープンスタンスになってもターゲットに対して直角です。

後は、下半身を安定させたいので、少し両足を砂に潜らせましょう。

ここまで出来たら後は、少しダブり気味を意識して振る。

やってみると意外にボールも高く上がり、自信がついてきますよ。

さあ、実践しましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。