アイアンショットで引っ掛けた時に見直すポイント

カラーボールとアイアン

アイアンで引っ掛けてスコアがまとまらない。
気を付けているのになかなか直らない。
このように悩んでいる人はいませんか?
ドライバーはスライスするのにアイアンだけ引っ掛ける。
特に短いアイアンほど左に引っ掛ける人。グリーンを狙うアイアンが引っ掛かるとスコアはまとまりません。
結論を先にお伝えするとアイアンで引っ掛けるのはアイトサイドインでしかもフェースが被って当たるからです。
今回はアイアンが引っ掛かる人の原因や練習法をお伝えします。
この記事を読めばアイアンの引っ掛けが直るかもしれません。
それではいきましょう。

クラブの軌道がアウトサイドインの人は引っ掛けやすい

ドライバーはスライスなのにアイアンが引っ掛ける人はクラブの軌道がアウトサイドインの可能性が高いです。
この悩みは多く、全く違う球がでるのに何故と思われる人もいます。
これはアイアンがドライバーに比べて捕まりやすいクラブだからです。
アイアンは長さも短く、フェース面の近くに重心があるためフェースが返りやすい特徴があります
アウトサイドインの軌道はインパクトの時にフェースが開いていればスライスとなります。
反対にインパクトでフェースが左を向いていれば引っ掛けるのです。

フェースが閉じていると引っ掛ける

フェースが閉じると引っ掛けるのですが、ドライバーがスライスしてアイアンが引っ掛ける人はダウンスイングで腕を使ってフェースを返しています。
ドライバーは長く、重心がフェース面から離れた場所にあるため、同じように返しても戻り切らないためスライスします。
アイアンの場合腕を返すと返り過ぎて引っ掛けるのです。
直し方はフェースを常に一定に保つ必要があります。
腕のローテーションを抑えることでアイアンの引っ掛けが無くなり、ドライバーでもスライスしにくくなります

引っ掛ける人におすすめの練習法

アイアンの引っ掛けを直すにはフェースの返しすぎを抑えることと、クラブの軌道を直す必要があります。
フェースの返しすぎを抑えるドリルとして有効なのがクロスハンドドリルです。
通常とは逆の握りをして球を打ちます。右手が上になり左手は下で握って下さい。
このまま腰から腰程度のふり幅で体の回転だけで打ちます。
左手が下になることで手首の動きを抑制して引っ掛けを無くすドリルです。
腕を使って打っている人はボールの頭を叩くはずです。
腕を使って打つと前傾角度が起きてボールに合わせて打っているからです。
球を飛ばすことよりも腕を使わずに体の回転だけで打てる様にしましょう

アウトサイドインを直すドリル

アドレスしたら左足踵の内側にボールを置いて打ちます。
これは体の開きを抑えるのに効果的です。
アウトサイドインの軌道の原因はインパクトで体が開くことです。
下半身がずれて体が開きます。
左足踵が動かないようにすれば体の開きは無くなります。
最初は極端にダウンスイングで左の踵の外側にステップする感じで行うと比較的早く直ります
実際に左の踵の外側にステップできれば体が閉じてインパクトするので、クラブはインサイドから降りてきます。
この練習をしてクラブの軌道を正しくしましょう。

まとめ

今回はアイアンの引っ掛ける原因と直し方をお伝えしました。
アイアンで引っ掛ける人はクラブの軌道がアウトサイドインでクラブを返しすぎています。
腕に力が入るとこのようになるので、何度もドリルを練習してスイング軌道とフェースの向きを正しくすることが大切です。
練習する時は飛距離にこだわらずに軽めに練習するのがポイントです。
正しく打てるようになれば自然と飛距離は伸びますので慌てず丁寧に練習していきましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

◆関連記事◆
引っ掛けの原因…このパターンにはまってませんか?

引っ掛けが出たときに見直すポイント

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。