松山英樹選手がマスターズ優勝! 

ハイエストゴルフの大津です。

まだ感動で、胸がどきどきします。

私もテレビ中継を見ながら、目頭が熱くなりました。

松山英樹選手が、ついにやってくれました。

悲願のメジャー制覇

11日に行われた「マスターズ」(米ジョージア州・オーガスタナショナルGC)で、松山選手が見事に優勝しました。

悲願のメジャー(マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの4大会)制覇達成です。

松山選手は最終日、2位に4打差の単独首位でスタートしました。

テレビの前で観戦している多くの人が、「4打差もある。いよいよだ」と感じたことでしょう。

ところが、オーガスタは楽には勝たせてくれません。

松山選手は4バーディーは取ったものの、5ボギーとスコアを落とします。

2位のザラトリス選手も3ボギーを叩きながらも、5バーディーと猛追。

1打差に迫られましたが、辛くも松山選手が逃げ切りました。

アジア勢初

日本人男子がメジャーに勝つのは、初めてです。

また「マスターズ」では、アジア勢初の優勝です。

松山選手は、マスターズは2015年の5位が最高でした。

その他のメジャーでは、2017年の「全米オープン」で2位に入っています。

日本男子のメジャーは、この松山選手の2位と、1980年の「全米オープン」での青木功選手の2位が最高位でした。

このとき優勝したのは、なんと帝王ジャック・ニクラウス選手でした。

マスターズでは、

  • 2001年に伊沢利光選手
  • 2009年に片山晋呉選手

が、それぞれ4位に入っています。

全英オープンでは、

  • 1982年に倉本昌弘選手が4位
  • 2002年に丸山茂樹選手が5位
  • 2006年に谷原秀人選手が5位

になっています。

全米プロでは、

  • 1988年に中嶋常幸選手

が3位に入っています。

多くの人を勇気づけた松山選手

それにしても、松山選手はこれまでずっと周囲からの「メジャー優勝」の期待が、重くのしかかっていたと思います。

マスターズ出場10回目、メジャー通算33戦目でその期待に見事に応えてくれました。

コロナ禍で、多くのスポーツ大会が中止や延期になりました。

松山選手の優勝は、スポーツ関係者だけでなく、多くの日本人を勇気づけてくれました。

楽しみなのは、松山選手は8月に行われる東京オリンピックのゴルフ競技に、出場予定であることです。

日の丸を付けた松山選手の活躍、そしてもちろんメダル獲得にも大いに期待したいところです。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題