リラックスした状態でミートができるドライバーのグリップの握り方

リラックスした状態でミートができるドライバーのグリップの握り方

読者の皆さんこんにちは!

さて、ドライバーショットの打ち方についてシリーズでお話ししてきましたが、本日はドライバーのグリップの握りについてお話ししたいと思います。

ドライバーショットは練習場で散々練習し、自信満々で最初のショットをコースで打ったけどなんだか左右に曲がるなぁ。

こんな経験誰にでもありますよね。

筆者もやはり、最初のドライバーは緊張するし、球の出方によっては今日は調整しないとだめかなと思う日があります。

勿論、正しいスィングやスタンスなどを習得する前提ですが、それでもその日の身体の具合や調子等で多少右左に出る事もあるでしょう。

今日はそのような場合の応急処置的なグリップの握りについて解説したいと思います。

ドライバーの握り方(右打ち)

まず、右打ちの方ですがグリップを握った時の拳のナックル部分が何個見えるか確認してみて下さい。

恐らく、意識無く握った場合ナックルが1つか2つ見えるでしょう。

これは正常な握りで、スクエアグリップとも言われます。

今日のドライバーはどうしてもスライス回転になるなと感じた場合は、このスクエアグリップを少し修正してみましょう。

左手の握りを少し内側に絞り上げて見て下さい。

先程スクエアグリップでナックルが2つ見えていた方は3つ見えるまで絞り上げます。

これをストロンググリップと呼びます。

特に初心者の方はドライバーショットにおいて、最初は窮屈でもストロンググリップを意識するとドライバーのOBは減少すると思いますよ。

実践してみて下さい。

ストロンググリップ

ストロンググリップは、然と手首が返りやすくなるので、ボールはイメージより左寄りに行きやすくなります。

あくまでも微調整と位置付けして、その日のコンディションに合わせる握りがベターです。

尚、この逆はウィークグリップと言います。

ウィークグリップ

ストロンググリップの逆なので、浅く握るのですが、ナックルは1つ見える程度かと思います。

ただし初心者の方はあまりお勧めしません。

また、このグリップと同時に握る強さも意識してみましょう。

遠くに飛ばしたい感情は誰にでもありますが、どうしても気持ちが強く出ると、グリップを握りしめて強く握りがちですよね。

1番いけないのは手首がガチガチに硬くなり自動的に腕や肩まで強張る状態です。

緊張した筋肉は速く動けないので、実はヘッドスピードが寧ろ落ちるんです。

筆者のお勧めはゆるいグリップです。

これをする為にアドレスに入る前に、一度グリップを強く握りましょう。

意識的に強く握る事で力みを抑えアドレスに入ります。

気持ちは緩やかな手元と、全身筋肉の脱力感です。

こうして、リラックスした状態でミートを心がければ、自然と距離も伸びてきますよ。

是非試してみて、気持ち良いドライバーショットを手に入れましょう!

関連記事

【ゴルフ】ドライバーを構えた時のボールの位置とティーの高さ

【ゴルフ】ドライバーで毎回ナイスショットが打てるようになる打ち方

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。