アイアンを練習するなら何番から練習するべきなのか?

ゴルフクラブのアイアン

ゴルフを始めたけれどアイアンを練習するなら何番から練習すれば良いのかわからない。
このような悩みを抱えている初心者も多いかと思います。
先に結論を書くと初心者がスイングを覚えるのであれば7番アイアンがおすすめです。
ただし、スイングを覚えるという観点なら7番アイアンから練習するのがおすすめなのですが、そうでない場合はウェッジから練習するのが良いと思います。
今回はアイアンを練習するなら何番からが良いのか説明していきます。
この記事を読めば練習場に行っても番手選びに悩まずにすみますよ。

初心者がアイアンの練習に悩んだら何番がおすすめ

ゴルフを始めたての初心者はスイング作りのために7番アイアンで練習するのがおすすめです。
理由は7番アイアンが全てのクラブの中間のクラブだからです。
中間のクラブである7番アイアンを覚えればそこから前後に打てるクラブを増やしていけばどのクラブにも対応できる訳です。
これが9番アイアンからスタートするとドライバーまで覚えるのに前傾角度やボールの位置が結構変わるので違和感が出てきます。
このようにスイングを覚えるのが目的なら7番アイアンが良いでしょう。
よく昔の本には6番アイアンから覚えましょうと書いてあります。
これも理由は同じです。ただ、最近のクラブはロフト角が立ってきてクラブも長くなっているので、昔の6番アイアンが今の7番アイアンとほとんど同じなのです。

練習場に行ったら何番から練習するのが良いのか

初心者でスイングを覚えることを目的とせず、普通に練習場に行ったときには何番から練習するのが良いのでしょうか?
私のおすすめはウェッジから練習することです。これは多くのプロが行っているので正解と言っても良いのではないでしょうか。
プロは練習場に行ってストレッチをしてから短い番手から徐々に長くしていきます。これはトーナメントの練習でも同じです。
どのプロもウェッジで近くのアプローチから始まり、徐々に長くしていくのです。
多くのアマチュアを練習場で見ているといきなり長めのクラブでフルスイングをしている人が多いように感じます。
これでは体を壊してしまいます。フルスイングで球を打つと体に負担がかかります。
温まってもいない体でフルスイングをしたら筋を伸ばしたりして体を痛めるでしょう。
短いクラブから徐々にスイングを大きくすることで怪我の予防ができます。

短いアイアンから練習すれば方向性も良くなる

短いアイアンで小さいスイングから練習するのは怪我予防の他にも方向性が良くなるメリットがあります。
短いクラブで小さい振りをすれば大きく曲がる人はいません。仮に50ヤードをアプローチウェッジで打つとします。
シャンクでもしない限り30ヤードも横に曲がるなんてことはありません。
しかしこれがドライバーのフルスイングだと話は変わってきます。
ドライバーで左右の曲がり幅が30ヤードなんてことは良くあります。
長いクラブでフルスイングすると曲がり幅が大きくなるのは当たり前です。
曲がり幅を少なくするには小さいクラブから打っていき、曲がるようなクラブや振り幅になった時に修正するのがおすすめです。
例えば8番アイアンのフルスイングまでは狙ったところに行くのに7番アイアンのフルスイングでは思ったよりも曲がる場合。
この場合は7番アイアンのハーフスイングやスリークオーターで練習して狙ったところに飛ぶようにしていくのです。
何度も繰り返していくうちに7番アイアンのフルスイングでも狙ったところに飛ばせるようになります。
球の曲がりに悩んでいる人は試してみましょう。

まとめ

今回はアイアンを何番から練習するのがおすすめなのかお伝えしました。
初心者がスイング作りをするなら7番アイアン。
初心者ではなく、練習場で普通に練習するのであればウェッジから練習するのがおすすめです。
今まで長いクラブから練習していた人は次回から短いクラブで練習するようにしましょう。
終わった後の疲れ方が違うと思いますよ。

◆関連記事◆
ゴルフ初心者は7番アイアンからの練習がおすすめな理由

スコアが良くなるアイアンの効率的な練習方法

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。