アイアンでプッシュアウトする3つの原因と改善のための練習方法

アイアンのフェースの向きとゴルフボール

アイアンでプッシュアウトに悩んでいる人はいませんか?
狙った場所より右に飛んでいくプッシュアウト。
結構悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
狙った場所より右に飛んでいく原因はいくつかあります。
あなたがどのような原因で右に飛んで行っているのか分からなければスコアは良くなりません。
今回はアイアンでプッシュアウトをする原因や練習法をお伝えします。
この記事を読めばプッシュアウトで悩むことがなくなります。

アイアンでプッシュアウトする3つの原因

アイアンでプッシュアウトする原因は主に3つあります。
・右を向いている
・インパクトでフェースが開いている
・クラブの軌道がインサイドアウト
他にもありますが大抵この3つです。
プッシュアウトと言っても原因が分かっていないと対処法もわかりません。
対処法を間違うと余計にスイングが壊れ修正するのが難しくなるので注意しましょう。
1つずつ説明していきます。

右を向いている

プッシュアウトに悩んでいる人がまず疑ってもらいたいのが体の向き。
特に練習場では真っすぐ行くのにコースでは右に真っすぐ飛んでいく場合は体の向きが右を向いている可能性が高い。
練習場ではマットがあり気にしなくても真っすぐ立てると思います。
しかしコースでは自分がどのように立っているのか分からなくなる人が多いのです。
よくある間違いは体を目標に向けることです。
そんなの当然でしょと思う人も多いと思いますが、これが間違い。体を目標に向けるとボールは右に飛んでいきます。
これは体とボールが同じ場所になく離れた場所にあるため。
線路が伸びているイメージで体は目標のやや左を向かないとボールは目標に飛びません。
これが分からずにスイングが間違っていると思って変えると、どんどん当たらなくなるので注意しましょう。

インパクトでフェースが開いている

プッシュアウトする原因の1つとしてインパクトでフェースが開いていることが上げられます。
スイングでよくあるのがフォローで左肘を後ろに引くパターン。
フェースを真っすぐ出そうとする意識でフェースのターンをしないと右にプッシュアウトします。
ボールを真っすぐ飛ばすためにはインパクトでフェースが目標に対して真っすぐにする必要があります。
フェースを開いている人はフェースターンをする必要があります。

クラブの軌道がインサイドアウト

振っていくクラブの軌道がインサイドアウトの人もプッシュアウトになりやすいです。
クラブの軌道がインサイドアウトでもフェースターンが出来ていれば右に飛び出たボールは左に戻ってくるのですが、フェースが開いたままだと右にプッシュアウトします。
フェースが戻ってきていても、前傾角度が起き上がり球が捕まらない人もプッシュアウトになるので注意が必要です。

プッシュアウトの対処法

それではプッシュアウトの対処法をお伝えします。
まずはあなたがどのようにしてプッシュアウトしているのか動画を撮って確認しましょう。
体の向きが右を向いている人は後方から向きを見てもらうのが確実です。
待ち時間に目標に対して平行に立てているかアドレスをとってから爪先にクラブを置いて確認するのもオススメです。
フェースが開いている人はフェースをターンさせる必要があります。
グリップを弱く握りヘッドが走るようにすると良いでしょう。
インサイドアウトに振ってプッシュアウトしている人は下からしゃくっているはずです。
ボールの手前にガムテープを貼り、ガムテープが剥がれないようにボールをダウンブローに打つ練習をするとクラブの軌道も治ります。

まとめ

今回はアイアンでプッシュアウトする原因と対処法をお伝えしました。
まずはあなたがどのような原因でプッシュアウトしているのか知ることが大切です。
原因を知ったうえで、それに合った対処をすればプッシュアウトはなくなります。
今回お伝えした以外にも様々な治し方があるので気になる人は調べてみましょう。

◆関連記事◆
アイアンでまっすぐ飛ばすための練習方法

飛距離も方向性も良くなるアイアンショットのミート率を上げる練習方法

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。