アイアンで高さを出したいときの打ち分け方

グリーン方向に打っていきたいが、
木が邪魔になっている場面。

 

選択肢として、

 

木の間を通すか、木の横を通すか、
木の上を超えるか…1打障害物がない方向に打つか。

 

この4通りになると思います。

 

木の間を通したり、木の横を通す打ち方は、
下部に関連記事を貼っておきますので、そちらを参考にしていただき、

 

この記事では、
木の上を超えるショットの打ち方について紹介させていただきます。

 

今回の目次

1.高さを出したい場面のアドレス
2.高さを出したい場面の膝の使い方
3.高さを出したい場面のフォロースルー
4.まとめ

 

高さを出したい場面のアドレス

 

高い球を打ちたい時はボール半個から1個分程度、
いつもより左にセットします。

 

ボールをいつもより左にセットすることにより、
引っ掛けに注意しなければいけませんが、

 

少しフェースを開くことで、
引っ掛けの予防と、ロフト角が寝るので高さが出やすくなります。

 

肩のラインはやや左肩が上を向くようにセットすれば、

 

背骨もいつもよりも右に傾き
自然と右足にも体重が乗るので、

 

高いボールが打ちやすいアドレスが出来上がります。

 

高さを出したい場面の膝の使い方

 

アドレスの形でお気づきかもしれませんが、
高さを出したい構えは、

 

ダフリやすい状態にもなっています。

 

そのため、スイングの際に膝を使って、
体が上下してしまうと、打点が安定しなくなり、

 

よりダフる可能性が高くなるので、
膝の高さを変えないようにスイングしましょう。

 

高さを出したい場面のフォロースルー

 

ここまででも、高さが出やすい打ち方になっていますが、
さらに引っ掛けを防止して確実に高さを出すには、

 

フォローでフェース返す意識を抑えましょう。

 

そうすることで、ロフト角が寝たままの状態で、
ボールを送り出せるので高いボールが打てるというわけです。

 

まとめ

 

障害物までの距離や、障害物から先のグリーンまでの距離などで、
打ちたい球の選択は変わってくると思いますが、

 

ショットのバリエーションは多い方がいいと思うので、
高い球を打つ練習もチャレンジしてみてください。

 

関連記事

・木の間を通す場合

方向性が良くなる!ライン出しショットの打ち方
メリット多すぎ!パンチショットの打ち方

木の横を通す場合

初心者でも出来るインテンショナルショットの打ち方