低い球で止まるアプローチの打ち方

転がして寄せるには、
強過ぎたんじゃない!?

 

と思った瞬間、キュキュッと止まるアプローチ。

 

なんか、かっこいいですよね。
真似したい…でもスピンをかけるにはどうするの?

 

ということで、低く打ち出してスピンで止める
アプローチの打ち方を紹介させていただきますので、

 

参考にしていただければ幸いです。

 

今回の目次

1.使用するクラブ
2.ハンドファーストでインパクト
3.ボールの位置を工夫しよう
4.思い切りも大事
5.まとめ

 

使用するクラブ

 

低く打ち出してスピンで止めたいと考えた時、
クラブの選択はどうしますか?

 

低く打ち出すときは、
ロフトが立っているクラブが打ちやすい。

 

スピンをかける時は、
寝ているロフトがいいですよね。

 

今回の場合、スピンで止めることが重要なので、
サンドウェッジか。ロフトが寝ているアプローチウェッジを使って、

 

低く打ち出しながら
スピンをかけるようにします。

 

ハンドファーストでインパクト

 

フェースが寝ているクラブで低く打ち出すには、
ハンドファーストでインパクトすることは必須です。

 

ハンドファーストにすることでロフトが立ってくるので、
低く打ち出すことが可能になります。

 

また、ボールに対してヘッドを入れる軌道ですが、
スピンをかけたいからといって、

 

カット気味に打つと浮き球でスピンがかかります。

 

クラブを短く持ってターゲットに向かって、
フェースで押し込むように打ってみましょう。

 

ボールの位置を工夫しよう

 

スピンがかかりにくい場合は、
ボールの位置を見直してみましょう。

 

ボールを右足側にセットします。

 

ダウンスイングでインパクトしやすくなり、
自然とハンドファーストになってくるので、

 

ボールの位置だけでも
スピン量をコントロールすることができます。

 

思い切りも大事

 

もし、スピンがかからなかった場合…
ボールが止まらずにオーバーしてしまうのではないか。

 

という不安から、スイングが中途半端になったり、
ゆっくり振ると、

 

ボールの勢いは弱くなる、スピンはかからない。
最悪の場合はショートしてグリーンに乗らないということもあります。

 

スピンをかけて止めるイメージと、
落としどころが決まったら、思い切って打ちましょう。

 

ビビってしまうほど、
キャリーもスピンも足りなくなります。

 

まとめ

 

低く打ち出してスピンで止めるアプローチは、
特別難しい打ち方ではありません。

 

先ほどの項目でも書きましたが、
思い切りよくスイングをやり切れるかが重要です。

 

難しく感じる場合は、低く打ち出すこと、
スピンをかけることに分けて練習してみてください。

 

コースではスピンを効かせたショットで
攻めていきたい場合は、

 

スピン系のボールを使用することも、
ショットの完成度を高める手段になります。

 

低く打ち出してキュキュッと止まるアプローチ、
実践で使えるレベルまで習得しちゃいましょう。

 

関連記事【アプローチ】

【アプローチ】砲台グリーンの攻め方

基本的なランニングアプローチの打ち方


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

LINEで友達になるだけで、プロのレッスンを自宅でしかも半額で受けられます!

「ハイエストゴルフ」がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、「ハイエストゴルフ」で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのゴルフDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!