【ゴルフ】メジャーよりも盛り上がるライダーカップ

メジャーよりも盛り上がるライダーカップ

みなさん、こんばんは。

ハイエストゴルフの大津です。

米国男子ツアーは先週、「フォーティネット選手権」が、カリフォルニア州のシルバラードリゾート&スパで行われました

優勝したのは米国のマックス・ホマ選手でした。

今大会が米国ツアー2021―22年シーズンの開幕戦です。

松山英樹選手は最終日66で回るなど健闘しましたが、6位タイに終わりました。

しかし、開幕戦でトップ10でのフィニッシュ。

2021―22年シーズンに手応えを感じたのではないでしょうか。

今シーズンも楽しみですね。

ライダーカップ

さて、海外ツアー今週は、「ライダーカップ」がウィスコンシン州のウィスリング・ストレイツで開かれます。

ライダーカップ(Ryder Cup)は、ヨーロピアンツアーと米ツアーの代表選手による対抗戦で、2年に1度開かれます。

かつては英国対米国の対抗戦でしたが、1979年以降、現在の米国対欧州の対抗戦になりました。

ライダーカップの大きな特色はストロークプレーではなくマッチプレーであること。

さらに団体戦もあることです。

初日と2日目は団体戦で、「フォアサム」と「フォフォアボール」が行われます。

「フォアサム」は、4人が2人ずつのペアとなり、1つのボールを互いに打って競技を進めます。

「フォアボール」は、2人ずつのペアになりますが、それぞれ自分のボールでプレーし、ペアのうちよい人のスコアが採用されます。

ライダーカップではいずれもマッチプレーで、それぞれ4マッチ行われます。

3日目(最終日)は1対1の個人戦マッチプレー12マッチを行い、勝ったチームにポイントを加算します。

3日間のポイントの合計で、チームの勝敗が決まります。

ライダーカップに出場できるのは各チームともに12名で、2021年はライダーカップポイントランキング上位6名とキャプテン推薦6名という内訳です。

ライダーカップには賞金はありません。

名誉だけをかけて戦います。

それでも、ライダーカップのメンバーに選ばれることは大変光栄なことと考える選手がほとんどです。

国と国をかけた戦いとなるためか、観客もメジャー以上に盛り上がります。

ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年は観客数を制限するのではないかとも言われています。

ちなみに前回大会は2018年にフランスのパリで行われ、欧州チームが勝っています。

ホームで米国チームが雪辱できるか注目です。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題