今こそ、自宅で下半身強化トレーニングをして運動不足解消&筋力アップ!!




「クォーター理論」終売セール実施中

ハイエストゴルフの大津です。

史上最年長制覇

先週は、海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」が、サウスカロライナ州のキアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコースで行われました。

優勝したのは、米国のフィル・ミケルソン選手です。

「ミケルソン選手、何歳だっけ?」と、驚いた人もいるでしょう。

なんと50歳です。

50歳11カ月7日でのメジャー制覇は、史上最年長。

これまでは、ジュリアス・ボロスの48歳4カ月18日(1968年「全米プロ」)でした。

記録を大幅に塗り替えました。

ミケルソン選手は、もちろん数多くの大会で優勝している一流の選手ですが、メジャーに勝ったのは実は遅く、2004年の「マスターズ」が最初です。

その後は、

  • 2005年「全米プロ」
  • 2013年に「全英オープン」

で優勝しています。

つまりミケルソン選手にとって、「全米プロ」は2度目の優勝です。

いわゆるグランドスラムを達成するためには、「全米オープン」の優勝を残しています。

その「全米オープン」は、6月に行われます。

ミケルソン選手の活躍に、期待したいところです。

今年の「全米プロ」には松山英樹選手も出場しましたが、23位タイに終わりました。

飛距離を伸ばすには筋肉は必須

さて、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかりません。

9都道府県で今月末が期限となっている緊急事態宣言も、再延長される見込みです。

そうしたこともあって、なかなか練習場やコースに行けていないという人もいるかもしれません。

そこで心配なのが、運動不足。

さらに、筋肉の減少です。

病気などで入院した人は経験したかもしれませんが、2週間ほど歩かないだけで筋肉はみるみる減少します。

筋肉が減少すると、病気になるリスクも高まるそうです。

筋肉量を増やすために、筋トレをしようという人もいるでしょう。

ゴルフでも、飛距離を伸ばすためには筋肉は必須です。

といっても、高額な器具は不要です。

自宅で簡単にできるのが、スクワットです。

下半身には、体の約3分の2の筋肉が集まっていると言われます。

そのため、下半身を鍛えると基礎代謝も増します。

スクワットのやり方

スクワットのやり方は、簡単です。

両脚を肩幅に開き、イスに座るように腰を落とします。

太ももが地面に水平になるくらいで、いいでしょう。

その際、ひざがつま先より前に出ないように注意します。

無理のない範囲で、けっこうです。

1日10回~30回程度。

毎日でなくても、週2~3回のペースでも効果があるそうです。

ぜひ、やってみてください。