いよいよ「AIG女子オープン」開催! 渋野日向子選手の連覇に期待




「クォーター理論」終売セール実施中

ハイエストゴルフの大津です。

 

いよいよ今週20日から「AIG女子オープン」
(旧AIG全英女子オープン)が

 

スコットランドのロイヤルトゥルーンGCで行われます。

 

今年から、「全英女子オープン」の名称が、
「AIG女子オープン」に変わっています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、
今大会は無観客試合となっています。

 

昨年の優勝者はもちろん、「スマイルシンデレラ
渋野日向子選手です。

 

海外メジャーで日本人が優勝したのは
42年ぶりで史上2人目の快挙でした。

 

ただ少し懸念があるのは、先週行われ、前哨戦と位置づけられていた
「ASIスコットランド女子オープン」で、

 

渋野選手は予選落ちになってしまったこと。
2日間でバーディー1つと振るいませんでした。

 

ちなみに、昨年の大会が行われた、イングランドの
ウォーバーンGCは、日本のコースにも似た林間コースでした。

 

それに対して今年のコースは、
本格的なリンクスコースです。

 

男子の「全英オープン」の開催コースの一つでもありますが、
強い風、硬くうねった地面、深いバンカー、
ひざまであるような深いラフは、男子選手も苦戦します。

 

バンカーから1打で出なかったり,
ラフで空振りしたりといったシーンも珍しくありません。

 

1ホールで10以上打つような選手もたまにみかけます。

 

もちろん、渋野選手も対策は練っていると思います。
前週のミスを調整し、コースを攻略してくれることを
期待したいものです。

 

日本勢は渋野選手のほか、稲見萌寧選手、上田桃子選手、
勝みなみ選手、河本結選手、畑岡奈紗選手、野村敏京選手らも
参戦します。

 

畑岡選手、野村選手はともに、
前週の「ASIスコットランド女子オープン」で、

 

首位と4打差の12位タイという
好位置に付けました。

 

リンクスでの戦い方について、
手応えを感じているのではないでしょうか。

 

すでに初日の組み合わせも発表されています。

 

渋野選手は、昨年決勝ラウンドで一緒にプレーした
アシュリー・ブハイ選手(南アフリカ)、

 

世界ランク7位のブルック・ヘンダーソン選手
(カナダ)と同組で、

 

第1ラウンドは20日午後0時49分
(日本時間同8時49分)にスタートします。

 

連覇に向けて頑張ってほしいですね!