【動画あり】フェースの芯でとらえて打ちたい方向に飛ばすスイング作り【森守洋プロ解説】

練習場では狙った所へ飛んでいくのに、
コースに出ると左右に球が散ってしまう。

練習場では打席を移動することがなければ、
常に同じ条件(フラットなマットの上)で打てるので、

スイングすることに集中しやすい環境です。

しかし、コースでは常に景色も打つ条件もが違います。

ドッグレッグや障害物、池やバンカーの位置、
狙いどころの傾斜やミスした際のリスクなど…

打つことよりも、ボールを飛ばす先の方に
意識が向いてしまう場合があります。

そのようなときは、
多くの場合満足いくショットができません。

引っ掛けたりプッシュ気味の球が出たり、
最悪の場合はダフリトップで、フラストレーションがたまります。

とにかく解決策は、
ボールを打つまでのことに集中すること

そしてボールを打つまでがスイングだと割り切ってしまい、
体の右側で仕事(スイング)を完結させましょう。

フォローやフィニッシュは、
スイングの遠心力で勝手に出来上がります。

スイングは体の右側だけ。と意識することで、
自然と体が開くことも抑えられ、

ボールを包み込むようなリリースができるので、
つかまりの良い強いボールが飛び出してくれます

特別難しい動きではありません。
動画を参考に、取り組んでみてください。

【関連記事】

【動画あり】振っても方向が荒れないためには骨盤を上手く使う

【動画あり】芯でとらえて飛距離を伸ばすスイングのための手首・肘の使い方(右回り運動)【森守洋プロ解説】

【動画あり】芯でとらえて飛距離を伸ばすための連続素振り【森守洋プロ解説】

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。