ミスショットになりにくいアプローチの打ち方と練習方法

アプローチでグリーンオンを狙う男性ゴルファー

アプローチは、グリーンまであと少しのところからのショットです。
カップも見えているところからのショットなので、ワンパット圏内までに寄せたいショットです。
しかし、その「寄せたい!」という気持ちは、どうしても緊張となり、いつもの体の動きができなくなってしまいます。
練習では何の問題もなく打てるアプローチショットが、緊張によるちょっとした体の動きの狂いによってダフったりトップしたりしてしまいます。
アプローチのミスは、やっとグリーンに乗せてもパターにも影響がでてしまいます。
このようなことにならないようにアプローチの打ち方はしっかり身に付けておく必要があります。
今回はこのようにアプローチに悩むアマチュアゴルファーのためにわかりやすくアプローチの正しい打ち方と練習方法をご紹介します。

正しいアプローチのセッティング

実際にアプローチする時には、そのセッティングが大切です。
ミスを防ぐアプローチのセッティングは以下の4つの手順です。
1、ボールの後ろに立ち、しっかり打ち出す方向を確認
2、ボールの近くに打ち出す目印を決める
3、目印に対してクラブフェイスを合わせる
4、それからスタンスをとる
まず、上記のようにしっかりと目印を決めることが大切です。
ボールを打ち出す方向とクラブフェイスの向きをしっかり意識してスイングを開始することが、まず重要なポイントです。

アプローチではテイクバックは真っすぐ引く

一般的にアプローチではスタンスはややオープンにした方がよいと言われます。
しかし、オープンスタンスにすると体が左を向いている感覚が強いので、どうしてもバックスイングをインサイドに引きがちになります。
バックスイングでクラブをインサイドに引きすぎると、ミスショットになる可能性が高くなるのです。
アプローチではテイクバックで飛球線に対してクラブヘッドを真っすぐ引きましょう。
そのためにまずは、スタンスをオープンにせず真っすぐ立つ練習をやってみてください。
まっすぐなテイクバックからボールをとらえる感覚をつかむことが、アプローチのミスを減らすコツです。
正しいテイクバックができればオープンスタンスでアプローチすることが望ましいのですが、アプローチに悩んだら、まっすぐに立ってテイクバックの方向を確認する練習が効果的です。

加速しながらインパクト

アプローチで一番大切なのは加速しながらインパクトを迎えるということです。
しっかりと加速してインパクトを迎えることがアプローチにおいては重要です。
加速させると言ってもインパクトで力を加えるということではありません。
なるべく余計な力が入らないように一定のリズムで自然に体を旋回することで、インパクトでヘッドを加速させることができます。
アプローチは距離を合わせるショットですら、ついつい無意識にスイング途中で力を加減してしまいます。
それが、インパクトでの減速、緩みになるとアプローチ失敗の大きな原因となります。
フェースを閉じたり、開いたりしすぎることの力を加減してしまう原因になりますから注意してください。
ボールの落としどころを決めたら、スイング全体の振り幅と力加減を決め、スイング中の力は一定となるようにしましょう。

まとめ

アプローチは小さな動きのショットですから、体の微妙な動きの違いでミスになる難しいショットです。
今回のポイントを繰り返し練習してアプローチのベースとなる打ち方を身に付けて下さい。
そうすることで、ミスの確率は減っていくはずです。
アプローチに自信が持てるようになれば、ゴルフは楽しくなり、スコアアップ間違いなしですよ。

◆関連記事◆
ゴルフ初心者にはパターマットでも練習可能な転がすアプローチがおすすめ

100切りのためのアプローチの「打ち方」と「考え方」

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。