パター巧者が、練習でロングパットを打つ理由

パッティングとショットでは、
打ち方が全く違うと思っていませんか?

下半身の使い方や、
パターを引くことはあっても振り上げることはないので、

見た目は違う動作に見えるかもしれません。

しかし、
パッティングとショットにも、

インパクトがあるので、
リリース動作が存在しています。

このリリース動作をパッティングで怠ると、
フェースの芯でとらえられる確率が下がります。

フェースの芯でとらえられないとどうなるか…

安定した距離感が出せなくなるのは、
想像しやすいですが、

もしかすると、
ショットのリリースも安定していないかもしれません。

リリースが安定しないということは、
インパクトゾーンが短くなっている可能性があり、

ミスショットが出やすくなります。

そこで、ラウンド前などに
確認していただきたいのがロングパットです。

20y~30yの距離でリリースを意識して、
取り組んでみてください。

インパクトゾーンの手の動きを確認出来ます。
詳細は以下の動画でチェックしてください。

森守洋の「永久不変のゴルフ理論」
パター編から映像抜粋

詳細は以下の画像をクリック↓