初心者ゴルフ女子の飛距離アップレッスン成功事例-その1-

今教えている生徒の事を書きましょう
ゴルフを始めたばかりの彼女は、

 

ドライバーは130ydもいかず、
練習場のネットにも届かないような飛距離でした。

 

そんな彼女ですが、3,4回のレッスンで
バックネットに届くようなボールを打てるようになりました。

 

飛距離にすると170yd。
プラス40ydにもなります。

 

ラウンドでも、ハーフスコア43を叩き出し、
素晴らしい成長を遂げました。

 

さて今から私が彼女に伝えたことを
そのまま、皆さんにお伝えしていくことにしましょう。

 

バラバラなスイング
力がないゆえに、めちゃくちゃ力んだスイングをしていた彼女。

 

まさしく自己動作で、スイングもバラバラ、ボロボロでした。
まず初めに1-2-3のリズムでスイングしてもらう事にしました。

 

ただ、リズムを意識づけするのは、単に心の中でリズムを刻んでも、
きちんとそのリズムで振ることは案外難しいものです。

 

彼女も最初は恥ずかしがって、
黙ったままスイングをしていました。

 

横で、私が「1-2-3」とリズムを声に出しても、
なかなかスイングリズムはよくなりませんでした。

 

そこで、彼女自身でも、
リズムを声に出してスイングをするように言いました。

 

するとここで、彼女のリズムのとらえ方がなんだかおかしい。
なぜか、3がえらく遅くにきているぞ…?

 

ん…?テイクバックして、
フィニッシュのタイミングに、3がきている!

 

ああ、なるほど。
メリハリのないスイングになってしまうのにも合点がいきました。

 

彼女がスイングリズムのタイミングを勘違いしていたのです。

 

教えることは難しいなと思いながら、
正しい1-2-3のタイミングをもう一度教えて、

 

声に出しながらスイングをしてもらうようにしました。

 

すると、だんだんとバラバラだったスイングリズムが
改善しはじめました。

 

皆さんも彼女のように、
練習場でリズムを口に出しながらスイングするのは

 

恥ずかしいかもしれません。

 

でも私は、生徒さんには全員に「1-2-3」と
声に出しながらスイングしてもらうようにしています。

 

それだけ、この練習法はスイングリズムを身に着ける上で
とても効果的な方法なのです。

 

ちなみに、1-2のリズムでも振ってもらいましたが
ヘッドスピードは上がらず、何も変わりませんでした。

 

彼女は1-2-3のリズムで振る方があっているようです。

 

スイングリズムでタメを意識する

 

リズムを声に出してスイング練習していると、
次は2と3の間隔が極端に早くなったり、遅くなったりしはじめました。

 

自分ではリズムよく打っているつもりでしょうが、
やはり自己動作が強いようです。

 

ここで、私は振り子の原理を彼女に説明をしました。

 

ブランコを例に出し、
ブランコが一番スピードの出る漕ぎ方を想像してもらい

 

それをスイングに当てはめてもらいました。

 

となると、2と3の間に受け止める動作、
いわゆる「タメ」の動作が必要だと彼女も気づいたようです。

 

振り子のように、一定のリズムでスイングができるようになり
安定して140ydほど飛ばせるようになりました。

 

たったこれだけの事なのに、10ydも飛距離が伸びました!

 

なんとなくスイングするのではなく、
きちんと知識を持って、

 

原理を頭と体で理解して、練習していくことがとても重要なのが
彼女を見ているとよくわかります。

 

さて、次週は初心者女子を飛距離アップしてみた第二弾!
スライスの特効薬 をお届けします!
お楽しみに!

続く…


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

LINEで友達になるだけで、プロのレッスンを自宅でしかも半額で受けられます!

「ハイエストゴルフ」がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、「ハイエストゴルフ」で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのゴルフDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!