シャフトの「しなり」を使って飛距離アップ

ドライバーでより遠くに飛ばすためには、
「シャフトのしなり」をうまく使うのが理想です。

 

ではここで質問です。

 

あなたは今まで、
シャフトのしなりを意識してスイングしていましたか?

 

おそらく、このシャフトのしなりを気にしてスイングしている方は、
中々いないかと思います。

 

実は、私もレッスンをする上で
「しなり」を教えることはありません。

 

しかし言わずとも、意識しなくても、
自然にシャフトがしなるスイングを教えています。

 

ではどんな方法がシャフトをしならせるスイングなのか、
皆さんにお伝えしましょう!

 

目次

1.スイングリズムで生み出すシャフトのしなり
2.インパクト時のしなりの掴み方
3.シャフトをしならせるグリップの持ち方
4.ドラコンプロのシャフトの選び方
5.まとめ

 

スイングリズムで生み出すシャフトのしなり

 

さて、シャフトのしなりはスイングのどの部分で発生するのでしょうか?
言葉にするとこうです。

 

テイクバックのトップで、
シャフトは一旦しなります。

 

ここで、シャフトはまっすぐな
元の形状に戻ろうとします。

 

これが所謂「しなり戻り」で
このしなり戻りがスイングとうまくかみ合うと
速いヘッドスピードが生まれます。

 

スイングリズムを以前の記事でお伝えしてきましたが
このタイミングを1-2-3のスイングリズムに置き換えると

 

1_でスイングの始動、テイクバックの開始

2_でクラブがトップにいき、一度受け止め

3_で振り下ろす。

 

これが1-2-3のリズムですが、
この中でしなりが発生するのが「2」の部分

 

トップでクラブを「受け止めた」時にしなりが発生し
「3」でクラブを振り下ろす瞬間にしなり戻りが起こり、

 

クラブヘッドが加速する
このような流れです。

 

トップでのしなりもどりを気にする人は少ないでしょうが
私はそこを重要視しています。

 

ただ、「トップでしならせて」という教え方はしません。
「トップで受け止めて押し返す」という動きで説明しています。

 

トップで一度クラブを受け止め、押し返せば
トップでのしなり戻りが発生、

 

シャフトのしなりを上手く使うことができるのです。

 

私が、しなりについてレッスンしないのは
このスイングリズムをきちんと出来るようになれば

 

自然としなり戻りが発生するから、
なんです。

 

インパクト時のしなりの掴み方

 

インパクト時のしなりに関しては
インパクトバッグを使って練習すると、

 

その感覚がつかみやすいです。

 

インパクトバッグがない場合でも、
クッションなどを代用してスイングをしてみると、

 

感覚がつかめるかと思います。

 

シャフトをしならせるグリップの持ち方

 

シャフトをしならせる為にもう一つ大切なのが
「ゆるゆるグリップ」

 

グリップを緩く持つことによって
トップでのヘッドの可動域が大きくなり

 

シャフトのしなりを誘発することができます。

 

ドラコンプロのシャフトの選び方

 

ゴルフショップなどでフィッテングする時、
あなたはどんなシャフトを選んでいるでしょうか?

 

お店でフィッテングを受けると、
ヘッドスピードが約45m/sの人はSのフレックス。

 

40m/s後半から50m/sのヘッドスピードがある方に関してはXを進められます。

 

実はこれ、ツアープロからの逆算となっています。

 

では、ドラコンプロはどうでしょうか
ヘッドスピード50m/s以上でも
Rぐらいのスペックのシャフトを使っています。

 

何故ここまで違いがでてくるのでしょうか?
それは両者の目的が違うからです。

 

ツアープロはコースなりに
球をコントロールしながらショットします。

 

ドラコンプロは持ち球でまっすぐ、
より遠くに飛ばすことを目的としています。

 

そのため、ドラコンプロはしなり戻りの速い、
柔らかいシャフトを使うのです。

 

もっと飛距離を伸ばしたい方は、
ツアープロの逆算ではなく、

 

ドラコンプロ方式でスペックを落とした柔らかい、
しなり戻りのあるシャフトを使ってみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

 

今回はシャフトのしなりを上手く利用した
スイングの考え方をご説明しました!

 

なかなか、しなりを掴むのは難しいですが、
スイングをしていく中で「振れたな」というスイングが出てくるはずです。

 

この振れた感覚は、しなりを上手く仕えた時に出てくる感覚です。

 

リズムを意識しながら、
この振れた感覚をどんどん体に染み込ませていきましょう!

投稿者プロフィール

梅野 悌彦
梅野 悌彦JPDA所属ドラコンプロ/ヘッドスピードトレーナー
日本プロドラコン協会所属のプロドラコン選手として活動しながら、ヘッドスピードトレーナーとしてレッスンも行う。
過去3回開催された飛距離アップレッスン日本一決定戦ではアゲインストが吹き荒れるなど条件が厳しい大会もあったが、
担当したすべての生徒の飛距離アップさせることに成功し、第3回大会では日本一のレッスンプロに輝いている。
【ドラコン公式最長飛距離】372yard

ABOUTこの記事をかいた人

日本プロドラコン協会所属のプロドラコン選手として活動しながら、ヘッドスピードトレーナーとしてレッスンも行う。 過去3回開催された飛距離アップレッスン日本一決定戦ではアゲインストが吹き荒れるなど条件が厳しい大会もあったが、 担当したすべての生徒の飛距離アップさせることに成功し、第3回大会では日本一のレッスンプロに輝いている。 【ドラコン公式最長飛距離】372yard