アイアンを持ってショートコースに行くのが短期間で上達するコツ

河川敷のゴルフ場

練習場では上手く打てるのにコースに行くと上手くいかないことがあります。
理由は様々ですが芝に慣れていないことが理由の1つです。
それでは芝に慣れるにはどうすれば良いのか?
答えは簡単で芝の上から打てば良いのです。
一番良いのがコースに行くことです。
コースに行けば色々な状況で打つことができます。
時間とお金に余裕がある人は頻繁にコースに行くのがおすすめです。
しかし時間とお金に余裕が無いと頻繁にコースに行けませんよね?
そんな人におすすめなのがショートコース。
今回はアイアンの練習におすすめなショートコースについてお話して行きます。

ショートコースはアイアンの練習になるのか?

ショートコースは値段も安く芝から打つのに最適です。
ショートコースは距離が短くドライバーが使えないホールが多いと思います。
それが嫌でショートコースを回りたくない人がいるのも事実です。
そのように考えている人は練習だと思えば良いことばかりです。
距離が短いので基本的にティーショットはアイアンになります。
1打でアイアンで届く場合もありますし、そうでない場合もあります。
これは回るショートコースにより変わってきます。
ショートコースがアイアンを芝から打つ練習として最適な理由が1打に集中して打てるからです。
芝から打つだけならショートコース以外にもありますが、芝から何球も打っていると集中力がなくなります。
それよりもスコアも付けながら回るショートコースで1球入魂で打つ方が良いと思います。
練習場でナイスショット連発しているのにコースに行くと練習場のように打てない人が多くいます。
このような人は緊張感のない練習ばかりしているからです。
ショートコースを回ることで1球に対する思いが変わるのです。

ショートコースはアプローチの練習にも最適

ショートコースはアイアンだけでなくアプローチの練習にも最適です。
ショートコースのグリーンは小さくできていて落し場所をしっかり決めて打たないとカップに寄りません。
これはもちろんアイアンにも言えることです。
しっかりとグリーンに向かって打たないとグリーンが小さい分乗りません。
狙いがシビアになるので練習には最適ですね。

初心者はコースデビューの前にショートコースに行くのがおすすめ

初心者がいきなりコースデビューするのは意外と大変です。
ゴルフ場に行けば10キロ近く歩きます。普段から運動している人であれば問題ないと思います。
しかし普段運動していない人がいきなり10キロ近く歩くと「ゴルフなんて疲れるだけ」こう考えてゴルフを辞める人も多くいます。
ショートコースであれば距離が短いのでそのような心配はいりません。
値段も安く9ホールが基本なので丸1日かかる訳ではないので気軽に行けると思います。
ゴルフのルールは本コースでもショートコースでも同じなのでルールやマナーを覚えるのにも最適です。
楽しく芝の上から球を打てて練習場との違いも体験できる。
ショートコースはコースデビュー前の初心者におすすめです。

まとめ

今回はアイアンの練習におすすめなショートコースについてお伝えしました。
アイアンを上手く打つにはボールに最初に当てる必要があります。
練習場のマットでは多少手前をダフってもマットが滑りナイスショットになります。
芝から打てるショートコースであれば手前を打つと滑らずにダフります。
ダフるから次はダフらない様にしようと思えるわけです。
今迄練習場ではナイスショットをするのにコースに行くとナイスショットが出せなかった人はショートコースに行くとアイアンの練習になると思いますよ。
最後までご覧いただきありがとうございました。

◆関連記事◆
アイアンショットの再現性と飛距離がアップする素振り練習法

効率よく上達できるゴルフスイングの練習方法

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。