30ヤードアプローチ練習で安定したスイングを習得できる

短いアプローチショットをするゴルファー

ゴルフスイングを良くしたい。
誰もがこのようにスイングを良くしたいと思います。
スイングを良くしたいなら30ヤードアプローチを練習するのがおすすめです。
ショットの練習をするのであれば6番アイアンや7番アイアンが良いと思っている人も多いと思います。
フルスイングでスイング作りをするならそれも良いでしょう。
しかし同時にアプローチの距離感も磨きたい人はウェッジで練習するのがおすすめです。
30ヤードアプローチにはゴルフの基本が詰まっています。
今回は何故30ヤードアプローチの練習をすればゴルフが上手くなるのか?
その理由をお伝えしていきます。
この記事を読めば30ヤードアプローチをやりたくなるはずです。

何故30ヤードアプローチの練習をすればゴルフが上手くなるのか

さっそく何故30ヤードアプローチの練習をすればゴルフが上手くなるのかお伝えしていきます。
30ヤードアプローチは腰から腰の振り幅です。
仮に腰から腰の振り幅が20ヤードであれば30ヤードにこだわらず20ヤードで構いません。
ここで大切なことは振り幅です。
30ヤードを飛ばそうと肩から肩となってはいけません。
正確には肩から肩でも悪くは無いのですが腰から腰の振り幅の方がシンプルなので、よりビジネスゾーンに集中できるためです。
バックスイングでクラブが地面と平行なポジションからフォロースルーでクラブが地面と平行なポジションまでをビジネスゾーンと呼びます。
どんなに変則なスイングをしていたとしてもこのビジネスゾーンが安定していれば球は同じように飛んでいきます。
30ヤードアプローチを徹底的に練習することでビジネスゾーンを安定させることができるのが1番の理由です。
ビジネスゾーンだけの練習であれば6番アイアンや7番アイアンでも同じです。
しかしウェッジで練習することでビジネスゾーンの練習と共に30ヤードの距離感を身につけることができるので30ヤードアプローチの練習が有効なのです。

30ヤードアプローチの練習方法

30ヤードアプローチですが、ただ打てば良いという訳ではありません。
間違った打ち方で30ヤードを練習しているとスイングを壊す可能性もあります。
正しい練習方法で行なうことによりスイングを良くすることができます。
まず使うクラブは普段アプローチで使っているクラブでやりましょう。
普段PWでアプローチをしているのであればPW。
SWでアプローチをしていればSWを使用しましょう。
当然PWよりSWの方が飛ばないので飛ばないからと言って無理に飛ばさないようにして下さい。
①アドレスはスタンスを肩幅よりやや狭くして目標に対して平行に構えます。ボールの位置は体の真ん中。
②軸がずれないように気を付けながら腰の高さまで振り上げます。
③トップでできた手首とクラブの角度をキープしながら体の回転で腰の位置まで振り抜きます。
ポイントはリズムを揃えることと、ダウンスイングを腕で当てにいかないようにすることです。
30ヤードを飛ばすことを意識するとリズムが速くなったり腕で当てに行く動きになります。
こうなるとスイングが安定しません。
リズムよく体の回転で振ることによりビジネスゾーンを安定させることができるのです。

30ヤードアプローチの練習をすればゴルフが上手くなる理由まとめ

いかがだったでしょうか?
30ヤードアプローチを練習することでビジネスゾーンが安定するためゴルフが上達します。
それと同時に30ヤードの距離感を身につけることができるのでアプローチの距離感も良くなります。
もし普段のアプローチをどのクラブでやれば良いか分からない人はPWで練習すると良いでしょう。
この練習をする時は打ち放題でやると球数を多く打てて効果的ですよ。
是非試してみましょう。

◆関連記事◆
アプローチ上達に効果的な練習ドリル

スイングの振り幅でアプローチの飛距離を安定させる方法

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。