大学生なのにプロ?!金谷拓実選手と石坂友宏選手




「クォーター理論」終売セール実施中

ハイエストゴルフの大津です。

先週、国内男子ツアーは
「ダンロップフェニックストーナメント」が

宮崎県のフェニックスカントリークラブで行われました。

18ホールを終えて、金谷拓実選手と石坂友宏選手が
トータル13アンダーで並び、プレーオフとなりました。

3ホール並びましたが、4ホール目で石坂選手がティーショットを曲げ、
パーととしたのに対して、金谷選手はバーディーとして振り切りました。

ニュースなどで「学生ルーキー対決」という見出しも見かけました。

実は、金谷選手、石岡選手ともに、
今年プロになったばかりのルーキーです。

しかも、二人とも大学に在籍中です。

金谷選手は東北福祉大学の4年生、石坂選手は
日本ウェルネススポーツ大学の3年生です。

年齢は金谷選手が22歳、石坂選手が21歳です。
高校卒業後すぐにプロになる選手もめずらしくありませんから、
年齢という点ではもっと若い選手もいます。

ちなみに石川遼選手は、16歳でプロ宣言をし、プロになっています。
また、畑岡奈紗選手は、17歳でプロ入りしています。

石川選手はプロになる前からツアーで勝っていました。
2007年5月に行われた「マンシングウェアオープンKSBカップ」
では15歳245日で優勝しています。

女子ツアーでは、2014年4月に行われた
「KKT杯バンテリンレディスオープン」で、

勝みなみ選手が15歳293日で優勝しています。

石川選手、勝選手ともに、当時は高校1年生でした。
すごいですね。

国内男子ツアーは、当初今週行われる予定だった
「カシオワールドオープン」(高知:Kochi黒磯CC)が
新型コロナウイルスの感染拡大のため中止となりました。

それに代わり、「ニトリ エキシビションゴルフ」が急遽、
25日、26日の2日間、千葉県の成田ヒルズCCで
開催されることになりました。

金谷選手、石坂選手、石川選手も参戦予定です。

ツアー外の大会で、
優勝賞金も540万円と大きくはありませんが、

それでも、池田勇太選手、星野陸也選手、稲森佑貴選手、
香妻陣一朗選手、宮里優作選手、藤田寛之選手、宮本勝昌選手ら
有力選手も参加します。

試合が行われるということが、選手にとっての
一番のモチベーションになるのではないでしょうか。